ぐいぐい引き込まれます。

333viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
櫛挽道守 (集英社文庫)

登瀬は、木曽の腕利きの梳き櫛挽職人の娘である。幼い頃から、父吾助の技を見て育った登瀬は、その流れるような技に虜になり、いづれは、父の後をついで櫛挽職人になる事を夢見るようになる。しかし、時代は、幕末の動乱期、片田舎の木曽にも時代の波が押し寄せてくる。
女だてらにに、櫛挽職人を目指した登瀬の感動の物語。

感想

夫婦の意思の疎通がラストにあって、よかったよかった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く