仕組み化がもたらす時間

324viewsAKAK

このエントリーをはてなブックマークに追加
レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

忙しい、と言わないをルールに

常に時間はたっぷりある、うまく使いさえすれば byゲーテ
面倒くさいという気持ちに素直に by奥園としこ
知識労働で問われるのは時間ではなく成果
時間を投資する=仕組みをつくるために時間を使う
何も変えずにいること自体がリスク
やりたいことの時間は天引きする
まずはルーチンの部分を仕組み化する
最短ルートを見つけて再現性をもたせること

アクティブスケジュール(俯瞰逆算スケジュール)

  • まずは明確なゴール設定
  • 大体三ヶ月先まで見通す
  • ゴールまでのステップを細分化してスケジューリング
  • 月間カレンダーが俯瞰にはベスト

時間家計簿…4つに分類して記録

  • 自己投資であるインプットの時間…人に合う時間や読書の時間
  • 仕事をしているアウトプットの時間
  • 食事、風呂、睡眠などの生活の時間
  • 自由に使うプライベートの時間

記録すると見えてくる『不明時間』=非生産的時間であることが多い

タスクリストと備忘リスト

チェックリストも仕組み化の一つ
日常生活で習慣化したいことはチェックリスト化
ルーチンの時間割化も有効

週末も平日と同じ時間に起きる
これにより月曜朝も楽に
その代わり休日は『しないこと』を決めておく
今していること1/10の時間で仕上げる方法、仕組みを考える
読み終えた雑誌は必要なページを切り取るか写メに残して捨てる
テレビも受動的に見てしまうのではなく、見たい部分だけを選びとるアクティブウォッチングに

感想

仕組み化、ルーチンの時間割化を意識して導入することで、創造的、生産的時間が増え、日々の充実感を感じやすくなった。響くところは真似てみる価値大いにありと思う。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く