一人暮らしを始める人におススメ!料理が楽しくなる簡単中華の本(ウー・ウェンさんの第一作!)

523viewsbook beetlebook beetle

このエントリーをはてなブックマークに追加
単純がうれしい北京のおかず (マイライフシリーズ特集版)

「単純がうれしい北京のおかず」とタイトルにある通り、掲載されているメニューがとにかくシンプルで、しかもうまい!
簡単でおいしいおかず作りを楽しみながら、料理の基本が飲み込める。

材料がシンプル!

「ジャガイモのおかず」「白菜のおかず」など、なにかしら一つの野菜や肉をテーマにまとめられている。少ない食材で料理が始められるので、準備も簡単。

味付けがシンプル!

たとえば麻婆豆腐の味付けは、醤油と豆板醤と香辛料だけ。これが他の本だと、甜麺醤が入ったり、酒やら砂糖やら色々入ったりして、レシピを見ただけで素人には敷居が高くなる。
調味料が少ないと、作りやすいだけではなく、食べてみた時に「この調味料でこの味なる」ことが理解しやすい。
その次からは味をイメージして、調味料を自分なりに組み合わせるなど、応用も可能になる。
また、中華料理というと四川料理や広東料理が有名だが、筆者は北京の出身で、味付けはわりとあっさりしていて食べやすい。

調理がシンプル!

筆者が中国の人なのだけれど、「言わなくてもわかる」みたいな同国人への甘えがない分、文章表現がとにかく明確。
曖昧な表現やもったいぶったような言い回しは皆無で、調理の仕方も手順も、とにかく分かりやすい。

感想

この本に出会うまで、私は料理は「仕方なく」「イヤイヤ」やっていた。しかし、この本で一気に料理が身近になり、楽しくなった。
すばらしい本である。学生さんや新社会人、主婦(主夫)の方など、とにかく多くの人にすすめたい。
「クックパッドを見ればいい」なんて意見が多いかもしれないけれど、出版物に載っているレシピって、やっぱり成功率が高いし、「来客にも出せる」ことが多い。買って損はない。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く