銀の皿の上のヨカナーンの首に、くちづけをするのはサロメ。

326viewsrihitorihito

このエントリーをはてなブックマークに追加
サロメ (岩波文庫)

時は西暦30年頃、舞台はイェルサレムのエロデ王の宮殿。
サロメは王妃エロディアスの娘で、王エロデは義父にあたる。
エロデは、サロメの実の父でもある兄を殺し、エロディアスを自らの妻とした。

宴の席で、エロデ王にいやらしい目つきで見つめられていて我慢のできなかったサロメは、満月に照らされたテラスに逃れる。すると、テラスの地下から不気味な声がする。それはエロデ王によってかつての水槽に幽閉されていた預言者ヨカナーンの声であった。
この声に興味を持ったサロメは、若い衛兵隊長ナラボスに隠し井戸のフタを開けるよう命じる。王から禁じられているにもかかわらず、ナラボスはヨカナーンを外に出してしまう。
しかし、井戸から出てきたヨカナーンはサロメの母エロディアスの近親婚の罪をとがめるだけで、サロメには目もくれない。サロメがより一層興味を抱きくちづけを求めると、ヨカナーンは呪われよと言い捨て井戸の底へと戻っていった。またこの件に責任を感じナラボスは己を刺し自殺をした。

サロメのことを追ってエロデ王がテラスに出てきて、その後を妻エロディアスが続く。地下からはヨカナーンがエロディアスを非難する声が聞こえてくるが、気にする妻を尻目にエロデ王はその声に耳を傾けない。一方、エロデ王の目は常にサロメに注がれ、サロメに踊ってみせよと命じる。サロメは始めは断っていましたが、エロデ王に踊りをみせれば望みのものをやろうと言われると、サロメは「七つのヴェールの踊り」を披露する。
満足したエロデ王が、望みは何だと尋ねると、サロメはヨカナーンの首がほしいと返答をした。その言葉に喜ぶ母エロディアス。それに対し、聖者を殺すことを恐れたエロデ王はやめさせようと長く説得しますが、サロメの望みは変わらない。

銀の皿の上にのせられたヨカナーンの首を持ち上げ、くちづけをするサロメ。その有様を見ていたエロデ王は兵士達にサロメを殺すように命じたのでした。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く