すべてがうまくいく人は、どう感じ、どう動くのか――

802viewsパブラボパブラボ

このエントリーをはてなブックマークに追加
がんばらなくても、うまくいく ―自分を変えなくても大丈夫、無理しなくても大丈夫

不安や恐れのない幸せな日々を生きるための「心のあり方」

本書は、人間関係を入り口(例)にして、心のあり方を見つめ直し、「今この瞬間」「当たり前」の幸せに気づいていただくための本です。

「今の自分を変えたい」と思う人もいるでしょう。
でも、無理をして変える必要はないのです。

「もっとがんばらなきゃ」と思う人もいるでしょう。
でも、がんばる必要はないのです。

あなたはあなたのままで大丈夫です。

つらいこと、悲しいこと、悔しいこと、腹立たしいこと。
すべてはあなたのよりよい未来のために起こっています。

このような方におすすめ

 ・必要以上に頑張っているにもかかわらず、うまくいっていない人。
 ・心に余裕がない(悩みにばかりにフォーカスしてしまう)人。
 ・他人や環境に影響を受けてしまい、ちょっとしたことで気持ちが揺れてしまう人。
 ・「これでいいんだよ」「間違ってないんだよ」と背中を押してもらいたい人。

主な内容

第1章 対人関係の悩みと向き合う

あなたの人生に登場する人たち
大嫌いな人がいるとき
どうしても許せない人がいるとき
「あの人が変わってくれたら」「あの人を変えたい」と思ったら
「どうして理想の人が現れないの?」と思ったら
嫉妬心が芽生えてしまったとき
「人(何か)を助けたい」と思ったら
人との縁が切れるとき
人間関係が変わってしまったとき

第2章 自分自身の悩みを見つめ直す

なぜ、あなたは欲しいものが手に入らないのか
物事の選択に迷いが生じたら……
自分は自分、人は人という生き方
人を褒めると起こること
あなたは思いどおりの人生を歩んでいる
「ありのままに生きる」とはどういうことか

第3章 言葉やモノに出会う

あなたに影響を与える言葉
あなたは人にどのような影響を与えているのか
ストレスがあなたの心と身体に与える影響
感動したらその先が大事

第4章 幸せな人生を歩んでいく

あなたがあなたらしくあるために
本当の幸せはあなたのすぐそばにある

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く