あの『非常識な成功法則』がマンガでわかる!成功へ導く「8つの習慣」とは

1555viewsNAONAO

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガでわかる 非常識な成功法則

本の概要

概要

成功本のベストセラー『非常識な成功法則』を漫画でわかりやすく学べる一冊。

あらすじ

主人公はWEBデザイン会社に勤める恩田恵美(34歳)。
会社が大きくなるにつれ、一流大学出身の社員が増えたことで、お局様として煙たがれるようになる。
そして、だんだんと会社に居づらい雰囲気に。
「非常識な成功法則」=「8つの習慣」を武器として、そんな周りを見返しすように「成功」に向かう。

本から学んだことの抜粋

成功は「悪の感情から始まる」

非常識な成功法則の第一歩は「お金を儲けたい」「周りを見返したい」という悪の感情を肯定することから始まる。それらの感情には強いエネルギーが宿るからだ。

第1の習慣「やりたくないことを見つける」

  • 目標は紙に書くと実現する
成功するかしないかの差は実行するかしないかである。

  • 先にやりたくないことを書き出す
「やりたいこと」の中には「やりたくないこと」が含まれることがある。
先に「やりたくないこと」を書き出して「本当にやりたいこと」を明確化する。

第2の習慣「自分にかける催眠術」

人は同じ言葉を繰り返されるといつの間にかそれを信じ込んでしまう。
成功するには「自己催眠」をかける。

  • 目標は現在形で設定する
  • 眠る前に良いイメージを想像する
  • クリアファイルに目標を入れて持ち歩く
  • 「これならできる」という超短期目標を毎晩10個書く
  • 目標はSMARTの原則
【SMARTの原則】
Specific=具体的である
Measurable=計測ができる
Agreed upon=同意している
Realistic=現実的である
Timely=期限が明確である

第3の習慣「自分に都合のいい肩書きを持つ」

「自分は凡人だ」と思い込んでいては成功者にはなれない。

  • なりたいイメージを「肩書き」で考え、その肩書きを「今から」持つ
  • なりたいイメージに「外見」からも近づけていく

第4の習慣「非常識的情報獲得術」

成功者は共通して「大量に本を読んでいる」。
成功するには優れた人との出会いも大切。

  • オーディオ学習でスキマ時間にも情報収集
  • フォトリーディングで読書効率をアップさせる
  • ネガティブな人とは距離を置く
  • 優れた人との出会いを大切にする

第5の習慣「殿様バッタのセールス」

相手から「お願いします」と頭を下げられるセールスを目指す。

  • 「NO」という客に「YES」を言わせるためにエネルギーを使わない
  • 自分にとって付き合いたくない客は断る
  • 自分を必要としている人に対して全エネルギーを集中させる

第6の習慣「お金を溺愛する」

お金持ちは「お金が大好き」である。
お金は居心地の良い場所に流れてくる。

  • お金に対する罪悪感を捨てる。
  • 自分の年収は自分で決める
  • お金が入ってくる流れをつくる
  • お金が出ていく流れを断つ

第7の習慣「決断は思い切らない」

まずは現在と将来の「いい面」と「悪い面」を整理する。

  • 現在のいい面を残し、将来のいい面を得るにはどうすればよいか考える
  • 将来の悪い面をいかにして回避するか考える

第8の習慣「成功のダークサイドを知る」

成功できてもこのまま順調にいくと考えるのは危険。

  • 完璧を目指さない
  • 家族を大切にする
  • 稼いだお金は有効に使う
  • 感想

    読んでよかった。
    マンガのストーリーがそのまま具体例となるため、「深く」「素早く」理解ができる。1時間かからず読めた。
    非常識な成功法則は「目標を紙に書き出す」など、今すぐ実行できるものになっており、非常にためになった。すぐに試していきたい。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く