個別指導塾の講師が教える!成績があがる中学生の勉強法

923viewsNAONAO

このエントリーをはてなブックマークに追加
個別指導塾の講師が教える!成績があがる中学生の勉強法 [kindle版]

なぜ成績が上がらないのか

「勉強した」という言葉の使い方が違う。

●成績が上がらない人
「勉強した」=「問題を解いて丸付けをした」

●成績が上がる人
「勉強した」=「何度も解きなおしをした」

効果のない勉強で「勉強した」と言うから成績が上がらない

「次はできるようにすること」が「勉強」

成績が上がる勉強法

次の5ステップを大切に「何度も解き直すこと」が「成績が上がる勉強」

①1ページ分を解いて答え合わせを行い、間違えた問題の解説を読む。
(解説がわからない時はお父さんやお母さん、先生に質問する。)
②間違えた問題に印をつけて、間違えた問題をもう一度解き直す。
③さらに間違えた問題に印をつけてもう一度解き直す。
④間違えた問題がなくなるまで③を繰り返す。
⑤最後にもう一度全ての問題を解き直して正解できることを確認する。
(もし、間違えた問題があれば②に戻る。)

やる気を引き出すためにすること

勉強に対しての夢を持つ。

夢がかなったイメージに向かって努力する。

少しでも上達したことを褒める。

学校の授業で意識すること

授業中は勉強に全力で集中する。(学習事項の理解)

先生が話したこともノートやプリントにメモする。(復習のための教材作り)

スキマ時間にノートやプリントを覚える。(学習内容の定着)

定期テストの勉強で気を付けること

学校の問題集は毎週末までにその週に習った範囲を完成させる。

まとめノートは作らない。解き直しが最重要。

テスト1か月前から社会と理科の勉強を始める。

テスト2週間前からは本格的にテスト勉強を行う。何よりも学校の問題集。

テスト3日前までにはテスト範囲を終わらせる。

テスト3日前からは「間違えたことがある問題の解き直し」と「プレテスト」。

苦手克服のコツは「できるところまで戻って復習すること」。

やるべきことのリストを作り、計画的に実行する。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く