亜鉛について

602viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
健康食品・サプリメントと医薬品との相互作用早引き事典

酵素の働きに不可欠なミネラル。味覚障害や褥瘡の改善に。

亜鉛とは

2,000種類以上ある酵素のうち約300種類の組成に欠かせない大変重要なミネラル。
主に細胞分裂や新陳代謝,タンパク質の合成,抗酸化,アルコール分解,免疫活性化,育毛などの働きがあります。

体内の酵素のうち約300種以上に必要な成分であり、大変重要な必須ミネラルです。
主な働きは細胞分裂や新陳代謝の向上で、それ以外にも肌や髪の健康維持、アルコール分解、骨の成長、性機能維持などがあります。
亜鉛が不足すると味覚障害や免疫力の低下、抜け毛などを引き起こしてしまいます。
体内で貯蔵する方法がないために、必要な分を摂取し続けなければなりません。健康的なバランスの良い食事を心がけていれば、一般的に亜鉛不足になるということは避けられるといわれています。

期待できる効果

亜鉛サプリの亜鉛はミネラルの一種で、人の生命活動には欠かせない栄養素です。
人の体内で行われる重要な働きの一つに、酵素を作り出すことが挙げられ、亜鉛はこの働きを構成する要素の一つとして作用し、味覚の形成および精子の生成、小児の成長などに深いかかわりを持っています。

①味覚の正常化
②抗酸化作用・免疫力の向上
③生殖機能の向上
④美肌・美髪
⑤成長障害防止

注意点

亜鉛や他のミネラルもそうですが、摂取過剰と摂取不足で生じる疾患もあり、すべてのミネラルも栄養素も、多過ぎても少な過ぎてもいいけないわけで、適当な量を摂らなければいけません。
経口摂取で1日50mgを1週間以上続けると嘔吐,イライラ,不安感などの副作用が発症しやすくなるというデータがあります。また、2,000mg以上で急性中毒の危険があります。
亜鉛は抗生物質の吸収を阻害し、効果を弱めてしまうことが分かっています。
亜鉛を飲むときは、抗生物質とは2時間以上時間をあけるようにして下さい。
カリウム保持性利尿剤服用中の患者における体内亜鉛濃度を上昇させる可能性がある。

感想

【1】亜鉛が新生児の発育不良抑制に役立つと考えられています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12036814

【2】尿中の炎症物質や血小板活性化指標の増加が抑制され、血流改善作用と心血管疾患抑制効果が示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17914127

【3】亜鉛は味覚を正常に保ち、食欲増進作用を持つことが示唆されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14978550

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く