まーちゃん、キミは何で、あの子たちを誘拐したんですか。

507viewsひかげぼん発掘ひかげぼん発掘

このエントリーをはてなブックマークに追加
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)

  「まーちゃん、世界で一番君を✖✖してる。嘘だけど」

物語の始まり

 御園マユ。
 僕のクラスメイトで、聡明で、とても美人さんで、すごく大切なひと。彼女は今、僕の隣にちょこんと座り、無邪気に笑っている。
 リビングで、マユと一緒に見ているテレビでは、平穏な我が街で起こった誘拐事件の概要が流れていた。誘拐は、ある意味殺人事件より性悪な犯罪だ。殺人は本人が死んで終了だけど、誘拐は、解放されてから続いてしまう。ズレた人生を、続けなければならない。修正不可能なのに。理解できなくなった、人の普通ってやつに隷属しながら。
 ――あ、そういえば。
 今度時間があれば、質問してみよう。
 まーちゃん、キミは何で、あの子たちを誘拐したんですか。って。

あらすじ

「まーちゃん」
 マユの髪を指で梳きながら、諦め交じりに問いかけた。
「君、あの子を拉致っちゃった?」
「うん!」
 当たり前のように、元気いっぱいの返事を頂戴した。

  • ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 物語は数年前に街で起きた誘拐事件の被害者『みーくん』(名前不詳)と、同じように閉じ込められて色々とぶっこわれた『御園マユ(まーちゃん)』の2人が中心となって進む。マユは事件の影響で『みーくん』に執拗なまでのこだわりと執着を持っており、みーくんはそれを利用して彼女に接近する。
 舞台となる街では、続けざまに殺人事件が起きていた。同時に子供二人の行方不明事件も。
 みーくんは推測通り、行方不明になっている少年と少女をマユの部屋で発見する。
 だが、誘拐された状況も、少年少女の態度も不自然だった。
 みーくんはマユの動向に関することや、誘拐に関して調査を進めていく。かつて凄惨な事件に遭い大きなトラウマを背負うことになった2人。どうやら警察から犯人として疑われているようだった。
 実際に誘拐まがい(?)のことをしていたマユが1番危険な状況だと気づいたみーくんは、マユや誘拐された子供たちとぶっとんだ日常を送りながら、本物の殺人犯を捕まえるために、マユの誘拐事件の免罪(?)を払拭するために行動に出る。
  • ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※物語に出てくる『✖✖』というのは、みーくんの名前だそうです。

感想

第13回電撃小説大賞の最終選考で物議をかもした問題作、だそうです。
文章は入間人間氏独特の一人称で、みーくんの「嘘だけど」という呟きが癖になります。文章は砕けていて難しい漢字が多く使われていますが、読んでいて苦にはなりませんでした(ただ私が何も考えないで読んでるだけだと思われます笑)。
是非一読してみてください!! とても明るくハッピーな作品です。嘘だけど。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く