【実況】哲学を始めよう#9 カント

808viewsspoomspoom

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界十五大哲学―哲学思想史

第1編 哲学思想史

1 http://bukupe.com/summary/14632

2 http://bukupe.com/summary/14634

2第2編 世界15大哲学

1 http://bukupe.com/summary/14648

2 http://bukupe.com/summary/14649

3 http://bukupe.com/summary/14663

4 http://bukupe.com/summary/14681

5 http://bukupe.com/summary/14697

6 http://bukupe.com/summary/14706

7 カントの哲学

内容のない思考は空虚であり、概念のない直感は盲目である(P.366)

感想

 数学の問題について考えているとき、ふと何も考えていない時間が訪れることがある。文字を目で追っても頭に内容が浮かび上がらない。何を目指して計算をしていたのか分からない。
 思考することが、答えだけで評価されるわけではないが、ある程度の意味をもつべきだということには私は共感できる。そもそも「内容のない思考」というものはあるのだろうか。そもそもそれは思考ではないのではないかと私は思う。
 一方で、「概念のない直感」というものは飲み込めなかった。この本では、範疇という言葉で説明されている。ただの刺激が情報になるには、刺激をカテゴリに分類する必要があるという。舌にとって痛いことと辛いことが同じであるというのと似ているだろうか。何が起きているのか正確に理解できないという意味で。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く