【実況】哲学を始めよう#7 デカルト

536viewsspoomspoom

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界十五大哲学―哲学思想史

第1編 哲学思想史

1 http://bukupe.com/summary/14632

2 http://bukupe.com/summary/14634

2第2編 世界15大哲学

1 http://bukupe.com/summary/14648

2 http://bukupe.com/summary/14649

3 http://bukupe.com/summary/14663

4 http://bukupe.com/summary/14681

5 デカルトの哲学

 中世から近世への移り変わりにあって、デカルトは反動思想に屈しない闘士だった。それは、デカルトが圧力をかわす「仮面」をつかっていたからである。この「仮面」ゆえに、デカルト哲学から派生しながら対立する唯物論・観念論が生まれていく。
 主著:「方法序説」「省察」「情念論」「精神指導の規則」

感想

 「我思う、ゆえに我あり」この言葉はあまりに有名だ。しかし、その真意を知る人は少ないだろう。思うとは何か。あるとは何か。この言葉には、デカルトの思想が詰まっている。
 「我ら思う、ゆえに我らあり」という歌を氣志團が歌っている。これが仮面ライダーのテーマだったことに、僕は笑ってしまった。どれほどの子どもたちがデカルトの名を知っているのだろう。あるいは、仮面ライダーを経て、デカルトを知るのか。そう考えると、歴史上の人物のリメイクは、キャラ設定以上に意味があるのかもしれない。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く