「悪いとこ みんな老化と 医者はいい」 医者にとって年寄りは大事な「飯の種」

926viewsさといもさといも

このエントリーをはてなブックマークに追加
大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)

第1章 医療が穏やかな死を邪魔している
第2章 「できるだけの手を尽くす」は「できる限り苦しめる」
第3章 がんは完全放置すれば痛まない
第4章 自分の死について考えると、生き方が変わる
第5章 「健康」には振り回されず、「死」には妙にあらがわず、医療は限定利用を心がける
第6章 私の生前葬ショー

事前指示その2
一、使い古しの臓器は提供しない
一、葬儀式は簡素に家族だけで、遠方の者には連絡せずとも良し
一、読経、死後戒名は不要
一、告別式不用、供花、香典は辞退すること
一、年忌法要、墓石詣りは不要

贈る言葉
一、起きて半畳 寝て一畳 天下取っても二合半
一、天命に任せて人事を尽くせ
一、縁を大切に
一、渋柿の 渋がそのまま 甘さかな
一、人生は「苦」であると明らめよ

感想

世の中は 今日より外はなかりけり 昨日は過ぎて 明日は知られず
今という 今こそ今が 大事なり 大事の今が 生涯の今

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く