その姿形はヒトからお化けへと変貌を遂げていくのであった

518viewsrihitorihito

このエントリーをはてなブックマークに追加
ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)

"ボン、ボン、ボン”
21時を指す時計が鳴る。
こんな時間に起きているのは……?
梟、みみずく、黒猫どら猫、悪戯鼠、況してや泥棒か……?
否、お化けの時間である。

夜中に遊ぶ子はお化けにされてしまう。
こんな時間に起きていた少年はお化けに見つかり、お化けの世界へと連れ去られ、その姿形は段々とヒトからお化けへと変貌を遂げていくのであった……。

感想

絵本の名作です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く