【実況】チャンスを逃すな #2

1104viewsspoomspoom

このエントリーをはてなブックマークに追加
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

第1章 http://bukupe.com/summary/14644

第2章 常識破りのサーカス

 どんな人でもギャップを見つけることができる。そして、問題を明確に定義できれば、おのずと解決策が見いだされる。

 新聞記事を検索して問題を見つける、ブレイン・ストーミングで独創的な解決策を考える、新しい事業を企画する、顧客となりそうな人たちにインタビューをする、コマーシャルを製作する、そして、有力経営者の前でプレゼンテーションをする。 |P.43L.8|

第3章 http://bukupe.com/summary/14655

感想

 常識を疑い、改善を続けると劇的な変化をもたらすことができる。この章にはたくさんの実例とともに、いかに問題提起が重要かが論じられている。「できないことなんてない、ということがわかりました」 気の弱い僕には、とても強く響く。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く