だから片づかない。から片付けのヒントを紹介!

3226viewsちむちむちむちむ

このエントリーをはてなブックマークに追加
だから片づかない。なのに時間がない。「だらしない自分」を変える7つのステップ

片付けのヒント

だらしない人の大部分は、物事をきちんとできること自体にそれほどの魅力を感じていない。
そのプロセスを楽しいとも結果をありがたいとも思わないので、わざわざやってみようとしない。

これなら実現できるという目標を設定すること。

手に入れたいものを具体的に思い描くことが大切。
そのためには、「あきらめ」ではなく「あこがれ」を持つ。
情熱をかきたてるビジョンがあれば、あきらめの心境になった時でも励みになる。

(ToDoリストには)動作を示す言葉を使って書く。動詞を必ず入れること。

ひとりでなんとかしようとは決して思わないこと。
混乱状態を解消するのに助けが必要だからといって、
度胸や勇気のないダメ人間というわけではない。

通常、残業や休日出勤しても、かえって仕事の能率は落ちる。
長い目で見ると、そうしたやり方はかなりのマイナスであることを、上司に直言してみる。

物をとっておけばおくだけ、手数が増える。
やりたいこともできないまま、書類や不要な物の仕分けに追われることになる。
移動させ、整理整頓し、保存場所を探す間、自分にとって大事なことは何一つできない。

重要な場面の直前に失態を演じがちな人は、ひとまず「自分を責めないこと」を心がける。
自分に「大丈夫、なんとかなる。長い目で見たら、こんなのたいしたことない……」と
言い聞かせるのだ。

特記

大事なのは自分自身で気づくこと。
「鍵の置き場所をきちんとしろ」とどんなに忠告されても、
本人が自覚するまでは、その「わかりきった」ことを実行する気が起こらない。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く