「できる人」より「機嫌のいい人」がうまくいく!人生が楽になる「心のコントロール術」

814viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解 感情的にならない気持ちの整理術

心と脳のメカニズム

感情をコントロールしないと人生も不幸になる

・感情を表現するほうが好かれる
例)男はつらいよ 寅さん
・問題は感情を表現することではなく、感情任せてで問題行動を取ってしまうこと
・感情を持たないようにすることではなく、持ったときに問題行動を起こさないよう自制すること

感情をコントロールできない人の顔は共通している

1.不機嫌な顔をしている
2.周囲から敬遠される
3.人としての評価が下がる
4.何をやってもうまくいかない(1.に戻る)

なぜ、いつもそんな役回りをえらんでしまうのか?

・不機嫌な人は、そんな役回りを押し付けられたとき、あからさまに嫌な顔する
・不機嫌なまま作業するため、仕事の質が低くなりがち
・いつまでも雑用以上の仕事を任せられる機会に恵まれない

不機嫌・ストレスを消す方法

”マイナス感情”をすぐに口に出すのをやめる

1.喜怒哀楽の感情を表すのはOK
2.マイナス感情を口にしても哀れな人と思われるだけ
3.マイナス感情を口にしたら、どうなるかを想像しよう

間違いを認めて、素直に謝る

・失敗したり間違ったら、すぐに謝る
・たとえ自分に非がない場合でも、まずは謝る
”正しさ”にこだわり、意地でも謝らない姿勢を示していたら、反発を招くのも当然です。
・さっさと謝って、損して得を取る発想を持とう

悪口・噂話しの輪には加わらない

・人の感情は他人に伝染するものである
・とくにマイナス感情は強く伝染しやすい
・.悪口や噂話の場からは速やかに離れる
「なんでそう思うの?」といった反応をすると相手のマイナス感情を引き受けることになる
「へーそうなんだ」「知らないな、そんなことは」などと、終始軽く受け流すようにする

毎日、ごきげんな自分になる

「自分を愛する」を気持ちを持つ

・自分を愛する気持ちを持てば安心感が生まれる。
・日常的に幸せを感じると、自分を愛することができる
今日も気持ちよく眠れた。幸せだ。
ご飯を食べて幸せだ
読書して面白かった。充実した時間を過ごすことができた。
小さなことでもよいのです。
・周囲の人から評価してもらっている、認めてもらっているという実感をもつことができれば、自分に対する自身が芽生え、自分を愛することができる。

”笑顔の自分”を演出する

・笑顔を見せると相手の表情もやわらぐ。
・笑顔になると周りの人から好かれて上機嫌になれる
・楽しい場所に行くと自然んと笑顔になれる

気分転換で感情を「上書き保存」しよう

・小さなことでもいいので、やるべきことを見つけ出す
・ToDoに集中すれば、嫌な記憶が薄れる
・どんなに嫌なことでも忘れることができる。
小さなToDoをたくさん準備しよう

感想

不機嫌に振り回されて悪循環に陥っていることがよくある。こういうのは本を読んで、よくしっているんだけど、実践できてないなぁ。学習ばっかりで実践がたりないのが多分私の悪いころなんだと思う。
ウダウダ考えないで、目の前のToDo一つ一つこなしていくことに集中していこう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く