元サッカー日本代表監督だったオシムの名言

2627viewsmaikomaiko

このエントリーをはてなブックマークに追加
オシム 勝つ日本

オシムの名言

サッカーを語ることが、自然と人生を語ることに、人生と真剣に向き合うことにつながっていく。これもまたオシムである。

勇気を持つこと。そしてリスクを冒すこと。このふたつは、監督をするうえで最優先に求められる資質

批判は常に簡単。もちろん批判がポジティブならば、もたらす効果もポジティブだが、日本をふりかえると、批判のためだけに批判が行われているように見える。

新聞にとって最も重要な話題が、俊輔がフリーキックでゴールを決めたことだというのは普通ではない。それよりももっと大事なことが、世界には無数にある。

財力にまかせて優れた選手を集め、他のクラブの嫉妬を買う。他のクラブがやりたくてもできないことを、臆面もなく堂々とやってのける。そんなクラブが日本にも必要

哲学を学ぶのは容易だが、試合でそれを実行するのは簡単ではない

重要なのは、サッカーをプレーすること、すなわち正しいタイミングで正確なパスを出すことで、アクロバティックなリフティングをすることではない。

日本人監督は、誰もがブラジルサッカーの影響を受けている。つまり計算しすぎる。勝ち点の獲得ばかりに気を取られ、結果を気にしすぎる。リスクを冒さずに、なるべく大人しくしようとしている

バルセロナがどうして美しいのか。彼らはときに十数本のパスをつなげる。しかもワンタッチで、10人の異なる選手がプレーに加わりながら。だからこそ美しい

ネガティブなこ事柄を忘れてはならない。ネガティブな経験は、ポジティブな経験より多くをもたらしてくれる。

問題はどういうタイミングで走るかであり、走るべき時に走るべきところにちゃんと走っているか

感想

サッカーや野球などスポーツはビジネスでの戦い方を教えてくれると思っています。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く