医者に殺されない47の心得

870viewstamatama

このエントリーをはてなブックマークに追加
医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

病院によく行く人ほど薬や治療で命を縮めやすい。

どんな時に病院に行くべきか

1 「とりあえず病院へ」は、医者のおいしいお客様

2 「老化現象ですよ」と言う医者は信用できる

3 医者によく行く人ほど早死にする

4 「血圧130で病気」なんてありえない

5 血糖値は薬で下げても無意味で、副作用がひどい

6 世界中で売れているコレステロール薬の「病気を防ぐ確率」は宝くじ以下

7 がんほど誤診の多い病気はない

8 早期発見は実はラッキーではない

9 「がんだったから、仕方ない」と考えてはいけない

10 健康な人は医療被曝を受ける。CT一回でも発がんリスクあり

11 医師の健康指導は心臓病を招く

患者よ、病気と闘うな

12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな

13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな

14 「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな

15 がんの9割は、治療するほど命を縮める。放置が一番

16 「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない

17 痛みは怖くない。モルヒネを正しく使えば安全に長生きできる

18 がんの痛みは完璧にコントロールできる

19 安らかに逝くとは「自然に死ねる」ということ

検診・治療の真っ赤なウソ

20 がん検診は、やればやるほど死者を増やす

21 乳がん検診の結果は、すべて忘れなさい

22 胃を切り取る前に知っておきたいこと

23 1センチ未満の動脈瘤、年間破裂率は0.05%

24 断食、野菜ジュース、免疫療法・・・・・・医者たちの「がん詐欺」に注意

25 「免疫力」ではがんを防げない

26 よくある医療被害 ケーススタディ

100歳まで元気に生きる「食」の心得

27 体重、コレステロールを「減らさない」健康法を選ぶ

28 ピンピン100歳への体づくりは、「毎日タマゴと牛乳」から

29 ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」

30 コンブやワカメを食べ過ぎるとがんになる

31 コラーゲンでお肌はプルプルしない。グルコサミンはひざに直接届かない

32 「高血圧に塩はダメ」はウソ。自然塩より精製塩のほうが安心

33 コーヒーは、がん、糖尿病、脳卒中、ボケ、胆石、シワを遠ざける

100歳まで元気に生きる「暮らし」の心得

34 24時前後にどっぷり眠る「超」早寝早起健康法のすすめ

35 石鹸、シャンプーを使わないほど肌も髪も丈夫になる

36 大病院にとってあなたは患者ではなく被験者

37 手当でストレスを癒す

38 喋って、笑って、食べて。口を動かすほど元気になる

39 よく歩く人ほどボケにくい

40 インフルエンザ・ワクチンを打ってはいけない

41 「ほっときゃ治る」をいつも心に

42 ポックリ逝く技術を身につける

43 喜怒哀楽が強い人ほどボケない

44 100歳まで働き続ける人生設計をする

45 いきなり進行がんが見つかったらどうするか

46 ロウソクが消え入るような、転移がんの自然死

47 リビングウィルを書いてみよう

感想

医者にかかればかかるほど検査が増えて「異常」が見つかり、薬を飲んだり手術をするハメになる。
薬のほとんどに病気を治す力はなく、副作用は大きい。

信じる者は救われると言いますが、医者を簡単に信じてはいけない。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く