ウォーレン・バフェットの投資思考13のポイント

4533viewsてるてるぼうずてるてるぼうず

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォーレン・バフェット 賢者の教え―世界一投資家思考の習慣 (経済界新書)

はじめに

「難しいことに挑戦するな、簡単なことをやれ」
  6歳でビジネスを始めた投資王が学んだ50の教訓

第一章 「ゲームの勝ち方」をまず覚えよう
第二章 なにも犠牲にしない倹約術
第三章 「思いを形にする習慣」をつける
第四章 稼ぎを尺度に仕事をするな
第五章 情報のオリジナルな読み方
第六章 「この人」と組めば成功する

ウォーレン・バフェットの投資思考13のポイント

・ポイント1:何百回も賢い決断をするのは無理だ。賢くなりすぎず、ほんの何度かの賢い決断をするといい。

あのバフェットでさえも失敗はあるということだ。そう全勝はないということ。要は成功するために決定の質を高めることである。ごもっともだと思います。

・ポイント2:投資には見送り三振がない。好きな玉がくるまでいつまでも待つことができる。

野球で言う「難しい玉は打たない」。コーナーぎりぎりの玉やボールには手を出さないことが重要で、決してがっつかない。そう失投を見逃さなければ確率は上がる。
また、最初からホームランを狙うこともない。なぜならそんな能力はないのを理解し、より確率の高い簡単な内野安打を狙いにいく。

・ポイント3:有能な騎手も、骨折した駄馬に乗っては勝てない。

どんなに有能なジョッキーでも骨折した駄馬を勝たせることはできない。名馬を探すことが賢明であると言うこと。

・ポイント4:朝目覚めたときに「息でもするか」と決意しないように、優れたマネージャーは「今日は経費を削減するぞ」などと考えない。

経費を削減するなど当たり前のことは考える必要はなく当然だからだ。日頃から倹約をしていればなんの問題もない。

・ポイント5:人は習慣で行動するので、正しい思考と振る舞いを早いうちに習慣化させるべきだ。

自分が決めた原則は貫き通すことに意味があるが、合わせて正しいも考え必要でもあると言うこと。そして小さい頃から身につけるとさらに良いと言うこと。
私は他にもこんな好きな言葉がある。
「諦めるな、一度諦めたら習慣化される。」

・ポイント6:鏡を見て、今日何をするかを決める。その一瞬は誰にでも決定権がある。

他人の意見に左右されてはいけない。自分の頭で考えて徹底すると言うことだ。
私も今日何をするかは朝に決めているがまだまだ徹底できていない。

・ポイント7:難しいのは新しいアイデアを生むことはなく、古い考え方から逃れることだ。

無理して新しいアイデアを探すことよりも、いま置かれている問題点を正確に見つけ、古くて合わない考えを捨てるのを恐れないこと。

・ポイント8:どれほど稼いだかを尺度に人生を歩んでいくなら遅かれ早かれ厄介な問題に巻き込まれる。

稼ぐために不正行為を隠蔽することはあってはならない。さもないと必ず厄介な問題に巻き込まれるのは明らかだからだ。全ては誠実さであり信用を勝ち取ることが名声を強固にしていく。

・ポイント9:ライン上はダメなのはもちろん、ラインに近くても違反と見なす。

ルール破りはもってのほかだがグレーゾーンも許さない。徹底した誠実さで信用を勝ち取ると言うこと。また、誰もがやっているからと言って誠実さに欠く行為は決して許されない。

・ポイント10:悪い知らせをきちんと伝える。そうすれば手を打つことができる。

悪い知らせを隠したり先に延ばしても何も解決されない。すみやかにきちんと事実を伝えることにより手を打つことができるからだ。

・ポイント11:一度Yesと言ったら撤回しません。たとえニューヨークに核爆弾が落とされようと。

いま置かれている状況をしっかりと分析し、考え抜いた決定だから簡単には撤回をしない。それくらい慎重に物事を考えているという例えでもある。恐るべし信念!

・ポイント12:死亡時に投函される手紙も書き終えました。「私は昨日、死にました」と言う書き出しで、会社の計画に述べてあります。

バフェットは60歳後半から死への準備をしていると言われる。リスクに対応する証拠でもあり、準備が大変重要でもあるということを表現している。

・ポイント13:ロードマップを描くことはできません。しかし知恵を磨くことはできます。

神様でも成功するロードマップを描くことはできないが、たくさんの本を読み、投資をすることにより知恵を磨くことができる。

感想

改めてバフェットの考えを読んでみると、彼の投資実績は彼自身の評価だと感じられました。それくらい一つ一つの考えが素晴らしくメッセージ力が強い。あわえてシンプルなところが私にとっては大変興味深かった。
個人的にはお薦めな書籍で何度も読み返したいと思います。
どの言葉も重みがありましたが今回は特にこの言葉が気に入りました。

熱意こそ抜きん出る代価

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く