雑談は究極のコミュニケーションかもしれません

883viewsenoenoenoeno

このエントリーをはてなブックマークに追加
雑談の心得。気まずーーい空気を一瞬でとかす40のルール

『なぜ、あなたの話はつまらないのか?』の著者である美濃部氏の1冊です。
人みしり、会話が続かない、気まずい雰囲気になる、など雑談がうまければこういう思いをしなくて済みますよね? また、同僚や同性だと会話が続くけれど、上司、異性など立場や性別が変わった途端に雑談が続くなる方もいらっしゃるのでは?

いつ、どのような状況、相手が誰であっても場がしらけずに雑談が続くならすごくいいですよね。
”雑談”も侮れないなと考え手にとってみました。六の心得と40のルールを紹介していますが、個人的にいくつかの なるほど! を下記致します。

心得六 雑談の真の目的を知る
真の目的は心を通い合わせるコミュニケーション、あたりまえじゃないかとお叱りを受けそうですが、やはり心が通い合ってこそ真のコミュニケーションが成立する。そうするために雑談は入り口として(あるいは出口としても)必要で重要なのだと改めさせられました。

テクニック29 相手の「気持ち」に焦点を当てる
異性と仲を深めたければ、自分アピールではなく相手の気持ちに焦点を当てる。一例として「あのプロジェクト、俺が手がけててさ」というような自分アピールはしないほうが得策ですよ。を改めて教えてくれています(心得六からいっきにテクニック29まで飛びましたがご容赦を)。

テクニック37 誰でもできて効果の高い「テンドン」
テンドンの詳細は本書に譲ります。本書のように書かれると なるほど確かに! と頷けます。
このテクニックは機会があれば是非使ってみたいです。

感想

非常に簡単ですが、読了後は、なるほど! は もちろん、普段意識していなかったですが、雑談に使える心得やテクニックは結構存在すること、相手の気持ちに焦点を当てる、自分の立ち位置を考えるなど構成作家である美濃部氏ならではの心得とテクニックが詰まった1冊です。最後まで このまとめ を読んでくださり感謝致します。本書が気になった方は是非手にとってくださいませ。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く