読書する精神・環境を整える段取りを書いた本

841viewsmetomemetome

このエントリーをはてなブックマークに追加
あたりまえだけどなかなかできない 読書習慣のルール (アスカビジネス)

とにもかくにも、本を手に取って読んでみてくれ~。というのを、より取っ掛かりやすい精神・環境にするための段取りが書かれている印象。
作者の読書量が半端ない。
本を読むメリットをあげて、読書家になることを促している。
この作者は、本嫌いの人にどうにかこうにかして本を読んでもらうために、考えられるとっかかり方をかみ砕いて書いている。

感想

本を読めば、あなたの力になるというのもそうだけど、読めば私みたいになれるよっといっているのも感じ取れる。自分を例えに出しているのが私には少し癪に障る。
「ビジネスパーソンにとって『わかりやすく自分の頭の仲でまとめる』ことが不可欠」という言葉とかは大切だと思った。そのとおりだなと改めて気づかされることもあれば、いや当たり前だと思うことも。
レビューでもあったが、本嫌いの人は、まず本自体手に取らないだろう。だがこの著者松本さんは本を書くことで、たまたま手にとって読んでもらって、引き込むとか、この本を読んだ人が更に誰かに紹介し、本嫌いを克服するきっかけになればいいと思っているんじゃないかと考える。
ですが『読書週間のルール』という、他では見ないタイトルに興味が出て自分も手に取ったので、同じように手に取った方も多いのではないかと思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く