どうぞのいす

959viewspurinpurin

このエントリーをはてなブックマークに追加
どうぞのいす (大きな大きな絵本)

あらすじ

うさぎさんが小さな椅子を作ります。作ったしるしに、椅子には短い尻尾を付けました。
うさぎさんは椅子をどこに置こうか考えます。ちょっと考えてから、うさぎさんは立て札を作りました。

うさぎさんは立て札に「どうぞのいす」と書くと、大きな木の木陰に椅子を置き、その横に立て札を立てておいておきます。

初めにやってきたのはロバです。ロバはこの椅子を見ると大変喜びます。
ロバは座る代わりに、背負っていたどんぐりの詰ったカゴを椅子の上に置くと、大きな木の根元でお昼寝を始めます。

そこへくまさんがやってきます。
椅子を見て、「どうぞならば、遠慮なくいただきましょう。」
とカゴの中のドングリを全部食べてしまいます。

しかし、「でも空っぽにしてしまっては、あとのひとにお気の毒。」
と考えて、代わりにはちみつの瓶をカゴに入れて行ってしまいます。
何にも知らないロバさんはまだお昼寝中。

そこへきつねさんがやってきます。
きつねさんも椅子を見て、「どうぞならば、遠慮なくいただきましょう。」
とはちみつを全部舐めてしまいます。

しかし、やっぱりきつねさんも「でも空っぽにしてしまっては、あとのひとにお気の毒。」
と考えて、代わりにパンを一本カゴの中に入れて帰ります。
まだまだロバさんはお昼寝中。

きつねさんの次に10匹のりすさんがやってきます。
りすさんたちは椅子を見ると、「ぼくたちクリは拾いながら食べたけど、パンはまだ食べてない。どうぞならば遠慮なく。」
とパンを食べてしまいます。

しかし、「でも空っぽにしてしまっては、あとのひとにお気の毒。」
と考えて、代わりにクリをカゴいっぱいに入れて帰ります。
そこでやっとロバさんが目を覚まします。

目をこすりながらカゴを見たロバさんは
「あれれれえ。どんぐりってクリの赤ちゃんだったかしら。」 

おしまい。

感想

うさぎさんは、「どうぞ休んでいってくださいね」というつもりで置いた「どうぞのいす」ですが、最初にロバさんがどんぐりをイスに乗せたことで、次に来たクマさんが「食べていいですよ」の意味のどうぞだと勘違い。

他の動物たちも同じように勘違い。そんな可愛い勘違いがつながっていきます。

繰り返しの文章が読み聞かせに向いています。思いやりを学べる、心温まる絵本です。
読み終えると、子供たちだけでなく、大人までもがほんわかした、温かい気持ちになれると思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く