ご主人にもオススメ!自分の生き方も見つめなおさせられる本です。

541viewsmimi8decmimi8dec

このエントリーをはてなブックマークに追加
大丈夫やで2 ~ばあちゃん助産師(せんせい)の産後と育児のはなし~

現在92歳になるスーパー助産婦・坂本フジエさんによる「産後と育児」により焦点を当てた「大丈夫やで第二弾」23歳の若さで自宅の「坂本助産所」を開き、助産婦として1筋の人生を歩む。4000人以上のお産にかかわり、出産後も様々悩みを聞きいれてきたフジエさんが思う「育児・家庭の原点」、「自然に生きる事とは何か」を綴った本。

感想

出産前に坂本さんの本は読んでみたくて図書館に行って借りました。「大丈夫やで」第一弾はタイミングが合わず、とりあえず「大丈夫やで2」を先に読みましたが、本当に読んで良かった。育児に関しては既に自分が考える教育の概念と共通していたものが多く新たに気付かされる事は少なく感じたものの、夫婦関係が子供の成長にも関わって来る事はあまり深く考えていなかったのではっとさせられました。
また、今の世の中男女共働きで結婚しても夫婦の心も体もすれ違いになっていき離婚率も高くなる一方ですが、どんなに便利で物質的に豊かな生活を手に入れても本当の人生の幸せは本人がどれだけ「納得のいく人生」を送れるかによるのではないかという気づきもありました。子供の健やかな成長の為にも、豊かな社会形成の為にも、夫婦がいつまでも尊敬し合あい、女として一生夫と肌の触れ合う努力をする大切さは私にとって今後の課題となりました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く