「説明能力」がそのまま「仕事能力」になる!

672viewsゆめゆめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解 頭のいい説明「すぐできる」コツ: 今日、結果が出る! (単行本)

結論で始まり、結論で終わる

物事の説明には結論で始まることがセオリー。なぜそれが大切なのかというと良い人間関係つながり、信頼される人という評価につながるから(詳細は本著4〜5章)。

章立て

Chap.1 「わかりやすい説明」は結論から始まる!
Chap.2 頭が良い人は例外なく「説明が短い!」
Chap.3 できる人は「箇条書き」で説明する!  
Chap.4 「いい説明」が「いい人間関係」を生む!
Chap.5 信頼される人は「本気の伝え方」がうまい! 

Chap1~2 なぜ説明を短くできるのか

Chap.1

  • 最重要項目である結論へ導くための考え方
  • 結論に続く話し方の構成について
  • 逆に自分が情報提供される場合どのように情報をブラッシュアップするか
Chap2.
  • 情報のブラッシュアップの仕方
  • 相手の頭に残るようなテクニック
  • Chap1の基本的なことを踏まえた応用編(エレベーターピッチなど)

それ以降は本著でよろしくお願いします。

感想

説明を短くすることは相手への思いやりに直結するという視点に納得させられました。この本をまとめるにあたり、本当に内容を生かせているか少し怖くなりました(笑)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く