アドラー心理学のエッセンスがつまった100の言葉.そのうち19個を紹介。

2704viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
アドラー 100の言葉

序章:性格は今日から変えられる

001人は「変われる」

性格は死の1日前まで変える

人はどんなに歳をかさねても、成りたい自分になれる。

006人間が持つ色眼鏡

人はみずからの意味づけを離れて
生きることはできない。
それゆえ、意味づけは、
それがが完全に正しいことは
ありえない。

人は自分の選んだライフスタイルに従って物事を意味づけている。

014人が生まれ変わる条件

ライフスタイルを変えることが
出来るのは、
そのライフスタイルが誤りを自覚し、
人類の幸福のために、
再度、他者と関わるようになる時だ。

[1]自分の人生を生きる決断

015経験と解釈

いかなる経験も、
それ自体では
成功の原因でも
失敗の原因でもない。

経験自体よりも、それに対する意味づけが重要。

017運命論

ベストを尽くす。
そして、
葉っぱが落ちるべきときは
落ちるに任せる。

026「自分こそ正しい」の裏側

「自分こそは
正しい答えを見つたのだ」
劣等感を持った人は
必ずそう言いたくなるでしょう。

[2]逆境を乗り越える勇気

042:線引きのゴール

人が一本の線を引くとき、
目標がなければ、
最後まで線を引けません。

046:課題からの逃亡

ある患者は、
人生の課題を解決する際、
建設的な面で失敗しないように、
すべての時間を
非建設的なことで忙しくし、
課題から逃れるのだ。

多忙なのは本当に必要な課題から逃れる為という場合もある。

049:引きこもり

引きこもって
部屋から出ない人は、
他者を支配する王である。

058:怒りやすい人

怒りやすい人は
怒りによって容易に
他者の支配者に慣れることを
知っている

058:楽観主義と楽天主義

積極的な楽観主義者で
心が満ちている人だけが、
人類の歴史において
意見を述べることができたのだ。

脳天気な楽天主義者ではなく、物事を肯定的な面から見ようとする楽観主義者になろう。

[3]妥協なき真実の愛

059人が抱える悩み問題

人生のあらゆる問題は、
対人関係の問題である。

063自立すること

生まれたその日から、
子はできる限り、
自立するよう
訓練されるべきである。

082異性へのアプローチ

勇気と、他者と協力する能力は、
その人が異性にアプローチする様子を見れば
明らかになる。

083仕事を理由にする人

仕事の課題に打ち込むことが、
交友の課題と愛の課題に
取り組まない口実に
使われることがある。

[4]一人ではたどり着けない幸福

087共感する

他者と関わるうえで
もっと重要なことは
他の人の目で見、
他の人の耳で聞き、
他の人の心で感じることだ。

092自己犠牲と他者貢献

他人の為に率先して
自分の人生を犠牲にする若者がいる。
彼らは、社会に適応しすぎている。

095性悪説を信じる人

共同体感覚のない人は、
性悪説を信じたがる。

100新しい人生の一歩

正しい態度で生きる人が
すぐに成功するかは約束できない。
しかし、そのような人が
勇気を持ち自尊心を
失うことがないことは
約束できる。

感想

アドラー心理学のエッセンスを凝縮した100の言葉。 1つの見開きで一つの区切り(右ページにアドラーの言葉、左ページに和田秀樹氏による解説が書かれている)形式で、気になった部分から読み始めて、いつでも中断できる本の作りになっています。 内容が広く浅くなってますが、何か困ったことがあったとき、目次みて、 気になったところだけをみればヒントをもらえるような実用的な作りになっています。 すでに別の本でアドラー心理学を読んでいる方、または時間がなく費用対効果重視で読みたい方にお勧めです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く