雑談力=強く生き抜く力

837viewsゆめゆめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
雑談力が上がる話し方 [kindle版]

初対面30秒。会話はリトマス紙

私たちは初対面の30秒でその人がどのような人か見分けています。つまり自分も見分けられている。その30秒の中でどのような会話ができるか。そしてその人との会話がリトマス紙となり自分がどのような人間が判断されるのです。

雑談にもルールやマナーがある!

雑談が重要といってもただ乱雑に話せば良いというわけではありません。
そこには5つのルールと場面ごとのマナーがある。これらを意識できてこそ本物の雑談力。

意味のない雑談からメリットが生まれる!

ひとつは「かわいがられること」。上司や周囲に良い意味でかわいがられてる人は出世が早い。これは仕事ができる云々よりも、その人のコミュニケーション能力に関わってきます。そのためにまずは些細なことでも良いのでなんでも相手と話してみることが鍵なのです。
他にも本著では日常少し意識するだけですぐ実践できるちょっとした会話のテクニックがのってます。雑談の理想的な配分は自分:相手=2:8。テクニックといっても相手に話してもらうことがコツなので特にすぐ会話上手になれとかそんなんじゃないのです。なので繰り返しになりますが、本著の読了次第すぐとなりの人にでも実践できるようなことばかりです。

感想

どこの環境でも実践できると思いました。仕事も大事ですが、職場では相手とコミュニケーションをとる方が圧倒的に多い。そのため本著はある種、雑談といえどもビジネススキル本にも当てはまると思いました。良本です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く