数字を読みこなすための第一歩、道標がここに

1255viewscoquilleycoquilley

このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴトに役立つデータ分析・統計のトリセツ 実務のスキルをアップするビジネス数学の基本テクニック

データを使って仕事の効率を上げる

数字を使うからできること、数字のとらえ方

  • 数字を使うメリット
  • 言葉では曖昧なことが、数字だと正確に表せる

データ、数字の把握・分析方法

集計、分析の解釈

  • 度数分布、ヒストグラム
  • 平均、中央値、最頻値
  • 正規分布
  • 分散、標準偏差
  • 散布図、相関関係

数字を使いこなすための、着眼点

上辺だけで見ずに、数字を読み解く

  • リスクとリターン、単利、複利
  • コンジョイント分析
  • 検索結果から役に立つ情報を取捨選択する

数字から変化を予測する

  • 時系列予測
  • 回帰分析
  • 期待値
  • フェルミ推定、ベイズ推定
  • ポアソン分析

数字を正確に伝え、データで「人を動かす」スキル

グラフの使いかた、見せ方

  • 棒グラム、ヒストグラム
  • 折れ線グラフ、パレート図
  • 円グラフ、帯グラフ、レーダーチャート

数字、データの読み取り方を誤らないためのコツ

  • データの見せ方に注意
  • 操作されている、作為的なデータ
  • 相関関係のある数字、ない数字
  • 感想

    初歩的入門書であり、あっさりとした記述のためさらりと読み進められる。
    本書1冊で特定の知識を体得するというよりも、
    ガイド的に読み込むことで、興味を持った項目についてさらに読書の幅を広げることが可能。

    広く浅く数字の見方に関する知識を身に着けたい方、
    学生や社会人3年目ほどの数字の扱いに不慣れな方にオススメ。

    全体的に項目が盛りだくさんのため、読み応えがある。
    予備知識がなくても、数字を読みこなす・使いこなすことに興味がある方なら
    スムーズに読みこなせると思う。

    個人的には、第1章・8章部分に記述のある「数字を正しく読み取る」項目に関して
    もっと詳細を知りたいと感じた。

    数字に強くなるために、考え方を変えるところから始める。
    そのための第一歩を、力強く応援してくれる一冊。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く