「仕事で一番大切にしたい31の言葉」より日本を代表する大企業を創り上げた名経営者の「名言」紹介!

4131viewsmasashi_furunomasashi_furuno

このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事で一番大切にしたい31の言葉

はじめに

ソニー、電通、トヨタなど、日本を代表する大企業を創り上げた名経営者の言葉が詰まってます。

挑戦

「やってみなはれ、やらなわからしまへんで」鳥井信治郎(サントリー創業者)

「強い者が生き残るものではない。賢い者が生き延びるものでもない。唯一、生き延びることができるのは、変化ができる者である」石橋正二郎(ブリジストン創業者)

「仕事は自ら「創る」べきで、与えられるべきでない」吉田秀雄(電通四代目社長)

「商売は戦いなり。勝つことのみが善である」上原正吉(大正製薬三代目社長)

「アイデアの良い人は世の中にたくさんいるが、良いと思ったアイデアを実行する勇気のある人が少ない。我々は、それをがむしゃらにやるだけである」盛田昭夫(ソニー共同創業者)

「改革なんて一番バカな人がやることなんですよ。バカじゃなかったらできません」武田國男(武田薬品工業七代目社長)

情熱

「人よりほんの少し多くの苦労、人よりほんの少し多くの努力で、その結果は大きく違ってくる」二代目鈴木三郎助(味の素創業者)

「俺は、その日のことはその日のうちに忘れる主義だ。その日に決断のつかないことを思い悩んで明日まで持ち越すようだと、明日の戦争は負けだ」五島慶太(東急グループ創始者)

「やせても枯れても一国一城の主、城を売り渡すことはできない」御手洗毅(キヤノン創業メンバー)

「やるべきことが決まったならば、執念をもってとことんまで押しつめよ。問題は能力の限界ではなく、執念の欠如である」土光敏夫(IHI、東芝元社長)

「考えて、考えて、考え抜く。でも、分からないことがある。その場合はやってみることである」小倉昌男(ヤマトホールディングス元会長)

「説得は一度や二度であきらめてはならない」鈴木敏文(セブン&アイ・ホールディングス会長)

成功

「どこに無理があるかを、第一に発見することが、事業経営のコツである」初代根津嘉一郎(東武鉄道元社長)

「乗る人がいなくて赤字になるなら、乗る客をつくり出せばよい。それには沿線に人の集まる場所をつくればいいのだ」小林一三(阪急電鉄創業者)

「何をなすべきかの目標を持ち、使命感を持って、みんなが一致団結するところに成果がある」松下幸之助(パナソニック創業者)

「成功体験を捨てろと言うのはたやすいが、実行は難しい。「新しく創る」ことよりも、大事なことは「捨てる」ことだ」岡田卓也(イオン元会長)

「いったん何を基準にして任天堂に必要な人を選ぶかといえば、果たしてその人が「ソフト体質」を持っているか否か」山内溥(任天堂三代目社長)

「十年先のことを考えるなんて昔でいえば百年先のことを考えているようなもの。会社のあるべき姿を描くと現実から大きく乖離する。最小限、今何をなすべきかを考えていくことだ」鈴木修(スズキ会長兼社長)

「リスクはリスク。それを乗り越えて決断することにトップの責任がある」丹羽宇一郎(伊藤忠商事元社長)

トップ

「だれもあまりやらない、またやりにくい事業をものにしてみるところに、人生の面白味がある」豊田喜一郎(トヨタ自動車創業者)

「ホンダだけに規制するなら賢いが、すべて同じ条件でならホンダが一番速く、一番いいエンジンをつくるのにな」本田宗一郎(ホンダ創業者)

「日本発、世界初のものを創ってこそ、人より先に進むことができるのだ」井深大(ソニーの共同創業者)

「一番以外はビリが私の信念。二番でいいなんていう考え方は駄目です」永守重信(日本電産創業者)

「商売とは、成功したと思った時点でだめになります」柳井正(ファーストリテイリング会長兼社長)

「負ける戦いはしない。負けるだろうという戦いはもちろん、負けるかもしれないとか、苦戦するだろうという戦いは最初からしないことです」孫正義(ソフトバンク創業者)

仕事

「論語と算盤は一致しなければならない。わずかも道徳と経済と相離るべからざるもの」渋沢栄一(日本の資本主義の生みの親)

「企業は利益をあげ、さらに社会的責任を果たすことである」木川田一隆(東京電力元社長)

「私としては日本国民の一人として、俯仰天地に愧じない行動に終始することを、裁判長にお誓い致します」出光佐三(出光興産創業者)

「まず、儲けようとは思わない。いい計画を立て、いい建物を建てる。そうすれば、必ず社会に受け入れられ、結果として儲かるというのが基本」森泰吉郎(森ビル創業者)

「新しい事業を始める際に、もっとも重要なこと。それは自らに「動機善なりや、私心なかりしか」と問うことだ」稲盛和夫(京セラ創業者)

「コミットメントを一つでも達成できなければ、自分を含めた取締役全員が退任する」カルロス・ゴーン(日産自動車社長兼CEO)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く