これまでにない頂上決戦!! アインズVSシャルティア

846viewsakahana555akahana555

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーバーロード3 鮮血の戦乙女

あらすじ

絶対服従を誓った守護者・シャルティアがまさかの反逆。アインズが冒険者として、エ・ランテルに潜入する裏で、守護者たちに一体、何が起きていたのか?
 最強守護者相手に、死霊系統魔法が一切無効化されるアインズの戦略は!?決戦の火蓋が、いま切って落とされる…。瞬きも許されない死闘を刮目せよ。

1章 捕食者の群れ

 セバス・チャンとプレアデスのソリュシャン・イプシロンは金持ちに身分を偽りエ・ランテルへと潜入していた。狙いは釣られて寄ってくるであろう裏社会の人間を確保し情報を得ること。その罠に野盗のザックが引っかかり、セバスとソリュシャン、さらに合流したシャルティアの乗った馬車を仲間たちと襲うものの、返り討ちにあい全滅する。
 さらに近くに野盗の根城があることを知ったシャルティアは、シモベのヴァンパイア・ブライドと共に襲撃をかけるのだった。

2章 真祖

 野盗の本拠地である洞窟で殺戮を始めるシャルティア。そこに野盗に雇われていたブレイン・アングラウスが立ちふさがる。ブレインはかつて王国最強のガゼフ・ストロノーフと互角の戦いを繰り広げた天才剣士で、打倒ガゼフの為に磨き上げた「武技」でシャルティアの命を狙うも、小指一本で攻撃をいなされ心が折れて逃げ出してしまう。
 それを追い洞窟で更なる殺戮をシャルティアは繰り返すが、血を浴びると暴走する”血の狂乱”というスキルの為に我を忘れ、ブレインを取り逃がしてしまう。
 さらに洞窟を出たところで野盗の討伐に来た冒険者と鉢合わせしてしまい、主人であるアインズのポーションを持ったブリタがいたことで混乱。おまけに冒険者の一人まで取り逃がしてしまう。

 シャルティアは慌てて眷属に追尾を命じるも、何者かを発見した眷属は即座に消滅させられてしまう。そして確認に行ったシャルティアは漆黒聖典の一同を発見、捕獲を試みるもカイレの洗脳を受けてしまい、「誰かが近づくか、攻撃をされたら反撃をする」という状態になってしまう。しかし寸前で攻撃して甚大な被害を与えたことで漆黒聖典も撤退せざるを得ず、シャルティアはその場に放置されることとなる。 

感想

絶対に裏切るはずのない配下のまさかの裏切り。主人公最強で盛り上がりに欠けるかと思ったら、この展開。ものすごく面白く、シリアスシーンあり、ギャグもありととても良かったです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く