佐々木常夫が息子へ宛てた手紙「働く君に贈る25の言葉」を紹介!

4015viewsたかはし・ロビンソンたかはし・ロビンソン

このエントリーをはてなブックマークに追加
働く君に贈る25の言葉

本書のスタイル

著者、佐々木常夫(東レ経営研究所特別顧問/2011年現在)さんによる息子へ宛てた手紙形式の「働く君に贈る25の言葉」が綴られています。

このまとめでは各章ごとの佐々木常夫さんからの25の言葉をご紹介。
*25の言葉の詳細については、ぜひ本書を手にとって読んで欲しいです。

第1章~自分を磨く為に働く~

1.「強くなければ仕事はできない。優しくなければ幸せにはなれない。」

2.「目の前の仕事」に真剣になりなさい。きっと、見えてくるものがある。

3.「欲を持ちなさい。欲が磨かれて志になる。」

4.「それでもなお」という言葉が、君を磨き上げてくれる。

5.「君は人生の主人公だ。何者にもその座を譲ってはならない。」

第2章~成長角度を最大化する~

6.「3年でものごとが見えてくる。30歳で立つ、35歳で勝負は決まり。」

7.「poorなinovationよりも、優れたimitationを。」

8.「仕事で大切なことは、全て幼い時に学んでいる。」

9.「良い習慣は、才能を超える。」

第3章~仕事の要を知る~

10.「すぐに走り出してはいけない。まず、考えなさい。」

11.「思い込み」は、君を間違った場所へ連れて行く。

12.「事の軽量を知る。それがtime managementの本質だ。」

13.「書くと覚える、覚えると使う、使うと身に付く。」

14.「言葉に魂を吹き込むのは、君の生き方だ。」
 

15.「本物の重量感を知りなさい。」

16.「せっかく失敗したんだ、生かさなきゃ損だよ。」

17.「自立した人間になりなさい。」

第4章~どこまでも真摯であれ~

18.「上司の強みを知って、それを生かしなさい。:

19.「リーダーとは、周りの人を元気にする人。」

20.「信頼こそ最大の援軍。」

21.「君の幸せの為に弱い人間を助けなさい。」

22.「自分を偽らず、素のままに生きなさい。」

23.「逆風の場こそ、君を鍛えてくれる。」

第5章~とことん自分を大切にしなさい~

24.「運命を引き受けなさい。それが、生きるということです。」

25.「人を愛しなさい。それが、自分を大切にすることです。」

あとがき

最後のあとがきで心に残った一文をご紹介。

「何かひとつ私の人生を貫くものがあったとすれば、それは志だと考えています。自分を成長させたい、周囲の人たちと仲良くしたい、少しでも人の役に立ちたい、といった志があれば、人は強く生きることができます。」

・・・本当にお勧めの1冊です。
「自分は、人は何のために生きるのか?」を見つけるヒントがぎゅっと詰まっています。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く