1冊で2度美味しい!戦国and医学の本

1362viewsshinoshino2shinoshino2

このエントリーをはてなブックマークに追加
戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪

歴女医が戦国を斬る!!

月平均100万PVの歴史ポータルサイト「武将ジャパン」の人気連載が書籍化された本です。現役内科医の歴女(歴女医)が戦国武将の死因や当時の風習に現代医学の観点から挑む本です。

コラムは全22本。

上杉謙信や武田信玄などメジャーどころから宇喜多直家、千利休、明智煕子(光秀の妻)、曲直瀬道三(戦国時代のスーパーDr.)まで広く網羅。

病気も幅広く

高血圧から結核、果ては落雷まで!
アルコール分解酵素の強さなどマニアックなネタもあります。

大河ドラマ真田丸に出てくる武将の話も盛りだくさん!

◆馬に乗れず落ち武者狩りに遭った穴山梅雪
『痔・エンド』
→本能寺の変後、穴山梅雪が家康の伊賀越えに同行しなかったのは痔が悪化してたから!?

◆白い布の下に隠された
『大谷吉継の業病と悲しく熱い友情物語』
→大谷吉継は本当に癩病だったのか?膿が落ちた茶を飲むとどうなる?など

◆幸村・昌幸の怨念が徳川家康を死に追い込んだ!?
『サナダムシの恐怖』
→家康の死は天ぷらじゃなかった!その死には真田の呪いが!?

Amazonランキング上位

メディア取材多数あり

★Amazon戦国・安土桃山ランキング1位獲得!(日本史部門5位)
★中日新聞に取材記事が掲載
★名古屋市守山区、尾張旭市、瀬戸市のCATVに出演
★ダ・ヴィンチニュースに本の紹介あり
★ガジェット通信にも歴史記事を配信中

感想

出版社コメント
本書は現代医学の観点から、戦国時代の武将の生活習慣や医療環境などを見つめなおしたショートエッセイ集です。一部の記事は武将ジャパンに連載され、掲載された記事を再編集した記事もありますが、本巻のために書き下ろした新しい話題も多く掲載しております。歴史の教科書には載らない、サイドストーリーの数々を楽しむも善し、武将の健康法から今の健康法を見直すも善し、各自各様の楽しみ方をしていただけますと幸いです。

著者より
医学についてはかなりマニアックな記載もありますがお硬くなくサクサク読める本と評判です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く