相手と仲良くなる為の最も効果的なコミュニケーションツール「雑談」♪その雑談力を高める方法を漫画で学ぶ

987viewssnufkinsnufkin

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガでわかる雑談力があがる本 (リンダパブリッシャーズの本)

第1章 コミュニケーションツールとしての雑談

雑談とは

  • 「相手を知る」「自分を知ってもらう」ための手段
  • 他人を知ることで「セーフティネット」を築ける
  • うまく話す必要はない。
  • 誰でも上手くなる

第2章 雑談の「始め方」と「終わり方」

始め方3点セット

①まず相手より先に「挨拶」
②天気など「鉄板ネタ」
③鉄板ネタへの「感情」ひとこと

終わり方

  • やめたい時に気軽に終わらせれば良い

第3章 「聞く力」を身に付ける

話すより聞く力

  • 感情を込めながら聞く

あいづちで《6つの感情》を伝える

①同意
②共感
③賞賛
④促進
⑤転換
⑥整理

  • ポジティブに聞き、共感している事を、相槌や返事で伝える

第4章 「質問」のコツをつかむ

相手に主導権

  • 自分の話題だけではもたない。相手の話をうまく利用する
  • 「相手が話したいネタ」を提供したり、相手の興味のある話題に誘導・展開する

質問の使い分け

  • オープンクエスチョン
  • クローズクエスチョン

相手の良いところを褒める

  • 髪型、服装、小物

連想させる

  • 「○○といえば〜」
  • 例)パスタの話題→パスタを買いに行ったスーパの話

第5章 雑談の「ネタ」を常に用意すること

「鉄板ネタ」だけでなく「鮮度ある情報」や「笑える失敗談」「本気で取り上げたいネタ」なども常にストックしておく

  • 例)休日の過ごし方、最近のニュース、趣味、家族、健康、仕事、衣食住、出身
  • 喜怒哀楽の感情を込められるネタ
  • 自分が本気で疑問に感じた事、本気で知りたいこと

伝え方・表現力

  • 5W1H
  • 絵が思い浮かぶように
  • 物語(ストーリー性)
  • 感情
  • 台詞口調
  • 擬音
  • イメージ(「東京ドーム○個分」)
  • 数字

第6章 雑談に必要な場作り

緊張しないシチュエーションを作る

パーソナルスペース

  • 2m→ビジネス
  • 1m→友達
  • 45cm未満→友達以上

ながら雑談(逃げ道、小道具)

  • 仕事しながら
  • 手を動かしながら
  • 喫茶店で珈琲をのみながら(タバコ、食事、酒など)

 テーブルを挟んで対角線に向かい合って座る
 L字型ソファ(45度)がベスト

第7章 相手との距離の縮め方

ほめる(特に外見より内面)

  • 自分の気持ちを伝え、相手の気持ちを受け止める
  • 心に思った事を、すぐに素直に言う
  • 好かれたいなら、まず自分から好きになる
  • 相手を思いやりながら雑談で行為を伝え続ける

名前を覚える

  • 名前を呼ぶ

前に話した内容を覚えておく

  • どこで何を喋ったかメモをとる

共通体験を探す

  • 出身地、出身校など

第8章 「雑談力」の高め方

メラビアンの法則

  • 第一印象

ハイレベルな笑顔

  • 「い」の口。口を大きくしっかりと動かす

 →表情豊かに見える

アイコンタクト

  • 相手をしっかり見る

清潔感のある身なり

  • 髪型、服装、姿勢

雑談の機会を増やす

  • 笑顔の数
  • 相槌の数
  • ネタの数

 →経験を増やせば余裕が生まれる

相手の話すスピードや動きに合わせる

  • 同調効果

抑揚や緩急をつける

文を短く区切る

ネガティブな内容はNG

  • 他人の悪口、陰口、秘密

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く