ドラマ「精霊の守り人」の原作者と南極料理人達による”異国の料理を日本の食材で再現した”レシピ集!

1036viewskatakanakatakana

このエントリーをはてなブックマークに追加
バルサの食卓(新潮文庫) [kindle版]

『精霊の守り人』より

・ノギ屋の弁当風鳥飯

鳥の照り焼きとそのタレが染み込んだご飯!

・ジョコム・甘い携帯食・干し肉・マイカの蜜煮

ジョコムはナッツ類を小麦粉で焼き固め、長期保存を可能にしたお菓子。
マイカ(果物)の蜜煮は本書では金柑を使用。

・タンダの山菜鍋

キノコと山菜の鍋。醤油ベースと味噌ベースのレシピがあり。隠し味はピーナッツバター。

・オルソ(甘い麦粥)

麦粥にナッツや粉チーズ、レーズンなどをトッピングし、蜂蜜をかけて食べる。

・鳥のから揚げ宮廷風

『闇の守り人』より

・ジョコム・甘い携帯食・干し肉・マイカの蜜煮

・サンガ牛の炙り焼き(牛肉のローストビーフ風)

・ロッソ(里芋コロッケ)

里芋をつぶし小麦粉やバターで練った生地にひき肉などで作った具を包み小麦粉をつけて揚げる

・ラコルカ(乳茶)

本書ではプーアル茶を使って、ロイヤルミルクティを作っている。

・ラウル(シチュー)

ラム肉にヒツジのチーズを加え、ガラムマサラを加えたカンバルらしいシチュー。

『夢の守り人』より

・ラーダ

小麦粉やもち粉で作るクレープの皮のようなもの。野菜や好みの肉などを巻いて食べる。

・おむすびとシュルジ(干し肉の佃煮)

シュルジはビーフジャーキーを使って作り、ご飯にまぜおむすびにする。体が資本のバルサに最適な携帯食。

・ジョコム・甘い携帯食・干し肉・マイカの蜜煮

『虚空の旅人』より

・チャアム

白身魚の刺身をアンチョビや大葉などと和えて作る酒のつまみ。

・魚と果物の和え物

・焼き菓子

『神の守り人』より

・ジョコム・甘い携帯食・干し肉・マイカの蜜煮(上 来訪編)

・オルソ(甘い麦粥:下 帰還編)

・焼き菓子(下 帰還編)

・ラコルカ(乳茶:下 帰還編)

・ラウル(シチュー:下 帰還編)

『蒼路の旅人』より

・豚肉煮と肉煮込み

『天と地の守り人』より

・ホウロ漬け豚肉の炭火焼(第一部)

・マッサル(ひき肉揚げ団子:第一部)

豚と鳥のひき肉にネギなどを混ぜ味噌と卵、片栗粉でまとめて揚げたお団子。

・焼き菓子(第一部)

・バムとファコ(無発酵パン:第二部)

・湯気のたつスチャル(鳥と野菜の鍋)と汁かけ飯(第二部)

・マッロ(第二部)

果物に水あめを絡めた飴。本書ではさくらんぼを使用。

・トッコ(芋団子:第三部)

茹でたサツマイモに小麦粉や蜂蜜をまぜ、丸めて焼いたもの。

『狐笛のかなた』より

・菜飯

春の菜を茹でて混ぜ込んだ菜飯

・おむすびとシュルジ(干し肉の佃煮)

・あぶり餅

「梅が枝餅」と「お焼き」をイメージしているという。熱々のナス味噌入り。

・胡桃餅

そば粉と小麦粉を皮にし、甘く煮詰めた胡桃を包む。

『獣の奏者』より

・バムとファコ(無発酵パン:Ⅰ 闘蛇編)

幼いエリンが食べたファコはイングリッシュ・マフィンタイプのものを焼き、お乳をつけて蜂蜜をかけたもの。

・猪肉の葉包み焼き(Ⅰ 闘蛇編)

・ハラク(蜜入りハーブ茶:Ⅱ 王獣編)

本書では紅茶と5種類のスパイスを煮詰め牛乳を加えたものに蜂蜜を入れる。

感想

本書では、食べ物毎に分類されていますが、ファンの方が載っている食べ物を探しやすいように、作品ごとに分類してみました。その為、重複した食べ物(複数の作品で出たきた食べ物)は説明を省略しています。また、タイトルでレシピの想像がつきそう(?)なものも省略させていただきました。ご容赦下さい。

綾瀬はるかさん主演のNHKドラマを数回見たことがあるだけで、原作もアニメも見ておらず恐縮ですが、ついつい手に取ってしまった本です。
小説の中で登場人物達が食している場面がそのまま引用されており、もとの小説を読んでいなくても楽しめる、読んでいる方ならなおさら楽しめるであろう一冊です。
地球に存在しない動物や植物を何で代用するか、南極料理人西村さんの腕も光る(笑)。
文庫形式のレシピ本は実用には不向きですが、読み物として楽しめる結構好きなジャンルです。

バルサの食卓(新潮文庫) [kindle版]

バルサの食卓(新潮文庫) [kindle版]

  • 上橋 菜穂子,チーム北海道

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く