江戸・寛政時代の庄内藩と仙台藩の武士と娘の恋と剣術の時代小説

1565viewschurchillchurchill

このエントリーをはてなブックマークに追加
侍の果て

 江戸・寛政改革の頃を背景に、苛政に喘ぐ庄内藩の農民を助ける仙台藩と庄内藩の若き剣士の恋と立ち回りの時代小説です。
 遠藤吉四郎と片桐文之助という二人の若い侍を中心に物語は展開していきます。随所に刀と刀の激しい交じり合いがあり、娯楽小説として楽しめます。
 庄内藩の郡代ら守旧派の悪政に、農民をまとめ抵抗する大庄屋の高橋太郎左衛門が立ち向かい、気丈な彼の娘は武士でもないのに剣の腕前は相当なものです。父親が郡代の手下に捕えられ、事前に捕縛を薄々気づいていた父親は娘に幕府の老中筆頭、松平定信への密書を託します。その密書は庄内藩の郡代ら指導者の悪政を告発しています。 父親はかつて白川藩主時代の定信に仕えていました。
 仙台藩士の遠藤は、なぜ農民が庄内藩から仙台藩に逃げてきたのかを調べるため、庄内藩を内偵します。そこで政と知り合い、政の秘密を知り、江戸まで警護します。その道中、庄内藩の追手に何度か襲われますが、それを振り切り、なんとか江戸に到着します。
 片桐は、江戸へ向かう政を捕縛するため、足立から差し向けられた刺客の一人ですが、悪郡代、足立三左衛門の苛政にいや気が差し、政らを助けることになります。
 寛政の改革を進めていた松平定信は密書を読み、江戸詰めの庄内藩主の義徳に詰問します。義徳は藩政改革に乗り出し、江戸の側用人、印西太門や足立を罷免、政の父親の高橋を釈放します。
 物語が短いテンポで進むため、読みやすい。 殺陣場面は細かいところまで描写されています。筆者は剣道の心得があるようです。ただ、読み終えて、「守旧派」の結末がどうなったのか、いまひとつしっくりしませんでした。

感想

肩ひじ張らずに楽しく読める本だと思います。

侍の果て

侍の果て

  • 大崎 伸平

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く