インターネット・セキュリティ対策は、意外とシンプルなことだった

1154viewsgorisangorisan

このエントリーをはてなブックマークに追加
おうちで学べるセキュリティのきほん

インターネットのセキュリティ対策なんて、ウィルス対策ソフトを入れていればいいんじゃないの?大体、セキュリティ対策なんて個人でできる訳がない!多くの人がそう感じているのではないでしょうか?私も本書と出会うまでは、そのように感じていました。

しかし、ウィルス対策ソフトを入れて自分でも何もしないということは『セコムなどの警備会社と契約しているのに、戸締りをせず外出するようなもの』だと私は思います。これじゃあ空き巣に入られたい放題ですよね。

インターネット・セキュリティの基本も、空き巣の対策と同じです。ちゃんと戸締り(セキュリティ対策)をして、不審者(ウィルス)が自宅の中に入らないようにすること。もし、不審者が自宅に侵入したとすれば、まだ潜んでいないか調べて、盗撮や盗聴がされていないかチェックすることが必要です。

セキュリティ対策の基本は『相手を知り、己を知ること』。相手がどのような手段で攻撃を仕掛けてくるのか?なぜ攻撃を仕掛けてくるのか?自分のセキュリティ対策は、どのような仕組みなのか?そもそもインターネットってどういう仕組みなのか?を知らなければ対策のしようがありません。本書を読むことで、非常に分かりやすく1つ1つ丁寧に学ぶことができました、

  • 昔のウィルスやハッキングは、技術力を誇示したりいたずら目的のモノが多かったが、現代は個人情報の流出や広告などによって、お金を儲けるため目的で行われるウィルスやハッキングが多い
  • ファイアウォールは、電子メールの内容が理解できないので、メール添付型のウィルスの対策はできない
  • 暗証番号とパスワードの文字数、文字の種類と強度の関係
  • ソフトを最新の状態にアップデートすることは、ハッカーに狙われやすいセキュリティの穴の対策になる
  • パケット通信の仕組みとメリット

非常に専門的な話題から、日常で聞いたことがあるのにあまりよく知らなかったインターネット用語が、いったいどういうものなのか非常によく分かりました。これからますますインターネットは発展し、私たちの仕事や生活に深く関わってくるでしょう。便利になる反面、ウィルスやハッキングによる被害・犯罪もどんどん増えてくることが予想されます。

インターネット・セキュリティを知っていれば、家族や会社をあなたが守ることができるかもしれません。本書のまとめを読んでいるあなたには、その知識を身につける資質=興味があります。本書を手に取り『セキュリティ対策のきほん』を身につけてみてはいかがでしょうか?

感想

インターネット・セキュリティ初心者の私でも、7~8割は理解できたと感じていますので、インターネット・セキュリティ専門書の中では、かなり分かりやすく書かれている本であると思います。家庭でセキュリティ対策をする方だけでなく、会社でインターネット・セキュリティ対策を行う方には、入門書としてまず読んで頂きたい1冊です。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く