「婚活難民」をご存知ですか?

1189viewsあのちゃんあのちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
今、婚活ビジネスが危ない! 選び方を間違え、人生を棒に振らないために [kindle版]

結婚を意識して婚活を半年~1年くらいしていく内に、次第に婚活に疲れを感じ、結婚に対しても「あきらめ」を感じる人たちのことで、そんなひとたちが今や80万人以上!!

そんな中、婚活サイトや、婚活パーティに潜む「わかってはいるけど、怖い事実」からあなたは目をそむけていませんか?
幸せな結婚に近づくヒントを成婚率業界ナンバー1の仲人植草美幸が婚活ビジネスの裏側を教えます。

著者紹介

植草美幸(うえくさみゆき)

ファッション発信基地・青山で18年前に、アパレル業界に特化した人材派遣会社株式会社エムエスピーを創業。その後2009年にその人材派遣業で培ったマッチング能力・人材発掘能力を生かし結婚相談所マリーミーを設立。
植草美幸が仲人として担当するコースでは業界平均10%と言われる成婚率で60%以上を記録。
加藤茶氏の年の差婚後に湧いて出てきた勘違い男たちを『カトちゃん病』と命名し雑誌でも取り上げられる。

目次

はじめに〜婚活ビジネスは危険がいっぱい!

CHAPTERⅠ 婚活サイトで起こった事件の数々

世間を唖然とさせた婚活連続殺人事件
お金だけでなく、人生も失くしてしまった
二股交際の果てに借金相手を殺害
元夫は不審死していた!
なぜ美人でもない女性の罠にはまるのか
婚活パーティーで知り合った女性は昏睡強盗犯だった
話が巧みでパーティーでは目を引くタイプ
儲からない投資マンションを買わされた!
なかには3戸も買わされた人もいる
未婚のまま2人も子どもを出産して捨てられた

CHAPTERⅡ 詐欺師のカモにされないために

利用者も業者もほとんどの場合がいい加減
つき合ってすぐに借金を申し込んでくるのが常套手段
サクラがウヨウヨいるのが当たり前
身分を確認する方法がない
メールの文面がパターン化している人は要注意!
短期間に夢中になってはいけない
性的目的で結婚をする男もいる
すぐに肉体関係を求める相手はやはり危険
メールではなく、電話で話すほうが見抜きやすい
見た目だけで判断しない

CHAPTERⅢ 結婚に投資する時代がやって来た!

安心・安全にお金がかかるのは当たり前
人の手が入るほど安心できる
条件のいい相手はサイトにはいない!
ルールがきちんとしている
男性は勇気を持ってプロポーズを!
女性はハンディを背負っていることを理解してほしい
平成の出産、教育にはお金がかかる
あとがき

感想

今や、テレビや雑誌といったメディアでも多く取り上げられている婚活…。婚活サイトや婚活パーティーなどイベント企画は盛りだくさんで、身近に感じやすく気になっている人も多いと思います。しかし、お金だけでなく、人生までも無くしてしまった…なんてことがないようにまずは婚活ビジネスの実態、裏側を知ってください!!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く