感覚の英語

7286viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
英文法をこわす―感覚による再構築 (NHKブックス)

感覚の英語

that

  • thatは「あれ」と何かを指し示し、聞き手の注意・関心を導く機能がある

so

  • soは「大変疲れている(だから仕事を休んだのだ)など、ある帰結がかすかに暗示されている
  • veryは「非常に疲れている。以上」で、何も余韻が残らない平たい言い回し

基本動詞take

  • 近くのものに手を伸ばし、手に取って引き寄せる動作のイメージで、文脈によって多様な意味を生み出している
  • 幾つかのオプションが与えられている場合は、「選択」につながる。複数の候補からあるものを「手に取る」ということになるからだ

over

  • 基本イメージは何かの上部ある。派生イメージは「覆う」「方向」「半分」「回転」のいづれかを基本イメージに付加する
  • 派生イメージは抽象的な物事にも用いられ、「乗り越える」「あらゆる角度から」などがある

-ing

  • -ingはリアルな感触を伴うが、toを支配するのは一般論の感触である

視覚動詞のイメージ

  • lookの視線を投げる感触
  • seeの映像が飛び込んでくる感触
  • watchの注視
  • gazeの魅力・賞賛の気持ちが含まれる感触
  • stareの目を見開き感(好奇・驚き・不審・威圧)
  • eyeの湿度の高い視線(人・モノ・状況を値踏み)
  • glimpseのチラッとアバウトに見る感触
  • glanceの素早さ
  • peepの盗み見る
  • glareの怒りに燃えて睨みつける
  • spotの遠くの見えづらいモノを見る

使役構文のイメージ

  • haveは「静」。基本的に位置関係を表す表現
  • getは「動」全般を広く含意する
  • makeは積極的な「作る」という動作である
  • letのは「許す・同意する」のかなり軽い感じ

前置詞のイメージ

  • aboutには「~のまわり」がその根幹にあり、「近く・およそ」はほとんど自動的に派生する
  • onは接触であり、派生として「線上の1地点」「支える」「押している」がある
  • alongは、線に沿った動き、位置
  • inは、包まれている
  • withinは「境界線」。ある範囲内にあることが強調される
  • atは「点」。atという前置詞を選択した途端、文の焦点が移るため、「活動」と相性が良い
  • byは「近く・そば」である点。派生として「手段・方法」で、結果より目的の方がニュアンスとして近いため
  • untilは「~まで」で、その時まで事態が続いている
  • withは具体的なモノ「道具」を示す時に用いられる。それはwithがつながりを表すためであり、道具は行為者と場所的につながりを常に保っているため
  • amongは、1つ1つが明確に意識されない雑多な集合体
  • betweenは、明確な「間」のことを指す。漠然としたらamong
  • aboveは、高さが上。真上とは限らず、相対的な高さが上
  • throughは、トンネル
  • beyondは、範囲からの逸脱
  • againstは、相反する力の拮抗
  • intoは、内部への動き。派生として「衝突・変化」
  • fromは、起点とそこから離れていく運動。派生して「相違・区別」
  • afterは、あるモノを追いかける運動
  • beforeは、「時間・順序における前」。場所は「in front of」が標準的

冠詞

  • theは一つ(類)にきまること
  • aには一つに決まらず、非常に緩やかな「全体」を示す
  • 無冠詞表現は、具体的なモノが浮かばない
  • SOMEは、ぼんやりと具体的なモノを想起させる
  • 複数を伴うSOMEは、aの複数バージョンとして機能する
  • anyは、選択の自由があること

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く