心に傷を持つ男と女の、切なく狂おしいサイコ・ロマン。

1301viewssiratamasiratama

このエントリーをはてなブックマークに追加
あふれた愛 (集英社文庫)

ささやかでありふれた日々の中で、たとえどんなに愛し合っていても、人は知らずにすれ違い、お互いを追いつめ、傷つけてしまうものなのか…。夫婦、親子、恋人たち。純粋であるがゆえにさまざまな苦しみを抱え、居場所を見失って、うまく生きていくことができない―そんな人々の魂に訪れる淡い希望を、やさしくつつみこむように描く四つの物語。天童荒太の本質がつまった珠玉の作品集。

感想

「仕事も家庭も健康も、また対人関係や、自分と家族の将来においても、そこそこうまく噛み合って、平穏に暮らせてゆけること自体、実はとても奇跡的なことなのだろう・・・」あとがきより。
共感します。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く