「忘れられない人がいる」すべての恋愛経験者に捧ぐ、優しくて残酷な物語。

1320viewssiratamasiratama

このエントリーをはてなブックマークに追加
泣くほどの恋じゃない

京都の小さな塾で講師を務める凪子(なぎこ)。ふとしたきっかけから教え子の父親、黒木と付き合いはじめるが、いつからか会えない夜の耐え難い苦しみが凪子を襲う。そんな絶望の時間を埋めるため、凪子は筆を執った。他愛のない手紙を何通も、何通も―一文字一文字が、一秒一秒の寂しさを埋めてくれた。だが、小説家になるという果てしない夢を抱いた、まさにそのとき残酷な運命が凪子を絡めとることに。

感想

美しい言葉が散りばめられていて、優しい人たちの、目に見える激しさのない穏やかな恋愛小説だと思う。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く