結婚詐欺師

1241viewssiratamasiratama

このエントリーをはてなブックマークに追加
結婚詐欺師〈上〉 (新潮文庫)

橋口雄一郎は40代のプロの結婚詐欺師。カツラ・洋服・職業・車を使い分けて変身、女性の心理を逆手に取る巧みな話術で誘惑し、金をだまし取っていた。東京・小滝橋署の刑事、阿久津は偶然かかわった結婚詐欺の被害届から、プロの匂いを感じ取り捜査を始めた。やがて松川学という前科者が浮上、身元の確認に追われる。一方、橋口はゴルフ練習場で見つけた女性に次の狙いを定めた――。

感想

あらすじを読まずに読み始めたので、橋口を紳士的で素敵な男性だと思ってしまいました。「彼が」プロの結婚詐欺師だと気づいてからは、見方は変わりましたが。読みやすく面白いです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く