年上の部下とうまくつきあうために意識したい3つのこと

8371viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
年上の部下とうまくつきあう9つのルール

年上の部下とうまくつきあうために意識したい3つのこと

年上部下に嫌われる10のタイプ

 ①公私ともに上司と部下の関係を強要し、年長者を敬わない
 ②利己的で、自分のことしか眼中にない
 ③感受性がない(感情表出がうすい)
 ④挫折経験がない(ように見える)
 ⑤ワンマンで、人の意見に耳を貸さない
 ⑥組織ビジョンがない(自分の考えがない)
 ⑦人を人と思わない(人の扱いが冷たい)
 ⑧合理性の限界を知らない(合理性ばかり追求)
 ⑨人に関心がない(人に気を遣わない)
 ⑩自分を疑わない(自分がいつも正しい)

「年上部下が求めている上司の姿勢

 ①共感できる「情熱溢れるビジョン」・・・自分の思いがある
 ②相手を立てる「謙虚な姿勢」・・・人生の先輩として敬う
 ③愛他主義・・・年上部下が思うように反応してくれなくてもあきらめず指導する
 ④未踏のキャリア設計パートナー・・・「今、出来ることに目を向けさせる」
 ⑤役に立つ実感の演出・・・職場で周囲から認められるような演出をする
 ⑥年長者の力を活かす組織デザイン・・・年上部下が培ってきた能力を活かす

年上の部下とうまくつきあう9つのルール

 ①コミュニケーションのルール・・・指示・命令は躊躇せず、明確に
 ②「モチベーションアップ」のルール・・・ 「誰かの役に立っている」と実感出来る仕組みを作る
 ③会議のルール・・・発言しない年上部下には、得意な話題を振る
 ④「報告」「連絡」「相談」のルール・・・報告・連絡・相談の「目的」を伝える
 ⑤「取引先」でのルール・・・任せていても、フィードバックを心がける
 ⑥「面談・キャリアデザイン」のルール・・・居場所作りの相談にのる
 ⑦「褒め方」のルール・・・褒めの言葉7つに対して、課題も3つ提示する
 ⑧「叱り方」のルール・・・ 「困っている」「~して頂けると助かります」
 ⑨「飲み会」のルール・・・・・ 「席順」への配慮を忘れない

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く