早速の危機

1190viewsくまくまくまくま

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界創造株式会社 2 (星海社FICTIONS)

 仮想通貨ゼロコインと連動するソーシャルゲーム「World War Zero」日本語版をリリースした世界創造株式会社の涼香、大樹、隼、小春は、瞬間的に積み上がっていく課金額に驚きを隠せない。しかしその勢いも、新着ランキングの対象期間から外れた途端、急速に鈍化していく。
 広告を打つ資金も十分になく、ユーザー数を十分に増やせない会社に不満を抱くユーザーたちが徐々に離れ始める中、打開策を求め、隼の伝手からゲーム会社リズミスを訪れた涼香と大樹は、プロデューサーから広告手法のあれこれを聞く。そして二回目の訪問で早川社長に会い、彼を心酔させた涼香は、5億円の出資を提示されるのだった。

 将来の通貨発行益(シニョレッジ)と、世界征服という目的を考えれば、この時点で大資本を投入されることは受け入れ難い。しかし現実に、目の前の経営は悪化するばかりで、将来のことを考える余裕もない。この状況に、4人の意見もすれ違い、崩壊の危機が訪れる。
 そして、モスクワ大学経済学部教授ルドルフ・バラノフの訪問が新たな危機を呼び込むのだった。

 1巻の熱量に比べれば、2巻は普通という感じかな。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く