起きていることはすべて正しいから気になる部分をまとめました!

2439viewsmaikomaiko

このエントリーをはてなブックマークに追加
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

気になる部分

私がメンタル筋力の強い人から習ってきたのは、迷ったときには、とりあえず、より新しいこととか、よりリスクが高めなことをやってみること

先輩のワーキングマザーたちがこぞって推奨をしてくれたのは、「捨てること」「自分以外の力を頼ること」の大切さ

最近、多くの企業で社員のメンタルバランスが崩れているのは、目標設定や成果主義が導入されたのに、その実現に至るまでの技術論をほとんど醸成せずに、精神論で解決しようとしたため、組織全体にきしみが生じてきたのが原因ではないか

他人に嫌われても、受け入れられなくても、いつも自分を肯定して気にしないこと

自分の能力を最大限に発揮することで、周りの人の助力を得ながら、自分の好きなことを達成し、それで他の人に貢献できること

自分が弱い部分については、積極的に開示をし、それを助けてもらうことで、ある意味弱みを強みにしてしまう

相手がすごいなと思ったときに、それを妬む暇があったら、とりあえずその要因を要素分解すること

読書を通じて、1つでも多くの優れたスキーマを頭に蓄積していくことで、考え方がリッチになりますし、さらにスキーマを展開していける

本は触媒だと思っています。他者の体験・歴史を私たちに伝えてくれる触媒

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ

積極思考は、身の回りの出来事に対して、受け身のまま流されるのではなく、自主的に何か物事を決めていって、将来のパスを自ら切り拓いていくようなイメージ

感想

起きていることはすべて正しいという座右の銘のもと、勝間さんがどうやって改善したのか参考になりました。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く