反転攻勢

1275viewsくまくまくまくま

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルセス公国戦記 (3) ‐黄金の剣姫と鋼の策士‐ (富士見ファンタジア文庫)

 フレンツェの傭兵隊長に就任したチェザーレは、十分に地歩を固める前にクーデターを起こし、国を則ってしまう。彼の勢力が急拡大することに危機感を覚えたリノは、チェザーレが周辺国への根回しを行っていないことを突き、周辺国による包囲網を敷くことを思いつく。
 外交行脚を行い、周辺国の協力もしくは黙認を取り付けたリノは、フォルセスの経済力いっぱいの兵団を催し、エルザの指揮の下、チェザーレを責めるのだった。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く