娘たちよ、好きであろうと嫌いであろうと、あなたの好みは、あなたが相手を軽蔑する根拠にはならないのです

1006viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
クレンズの魔法―母たちが娘に伝えてきた秘伝の幸福書

★娘たちよ、好きであろうと嫌いであろうと
あなたの好みは、あなたが相手を軽蔑する根拠にはならないのです。
そのことを心しておいてください

★あるがままの人には、あまり我がありません
あるがままの人は自分の直感に忠実なのです。
そして、直感というのは我が入り込む隙が無いんです。
こうしたらうまくいく、こうやったらすごいものができる、
その方法はみんなのためにある、そう感じた瞬間に体が動いてしまっているのが、
あるがままの人です。

★か弱い事は悪い事ではありません
弱いこと、無力な事は、本当は素晴らしいことです。
か弱い無力な者達だけが、この世界の平安を祈り続けます。
復讐すらできない優しい魂が、戦争の終結や、暴力が消える日を願い続けているのです。
弱さは世界を救う掛け替えのない力の表れです

★その人の苦しみはその人のために用意された
その人だけの苦しみであり、誰も理解できない。
だから、人は理解できない苦しみを抱えてあったものとしてのみ、
つながり合うことができるのです。

★私はここにいます。誰か助けてください
そう叫んで、手を伸ばさない限り、誰もあなたの手を握ることができないのです

★ごめんなさいは絆創膏のような言葉
鋭い言葉を相手に投げつけてしまった時、
あなたは自分の言葉にはっとします。
取り返しがつかないかもししれないと思います。
でも安心しなさいすぐにごめんなさいと伝えなさい

★近視の人が増えてほしいと思っている眼鏡屋さんが滅びる
これは歯医者さんにしても同じことが言える
歯医者さんの思いは患者さんが虫歯にならないように
どうか歯医者を必要としないようにであってほしい。
患者としてはそのような思い思いを持った歯医者さんにかかりたいですよね。
歯医者の中に虫歯の人をなくしたいという思いが生じたときに
歯医者の役割が変わり一気に病院のビジネスの幅が拡大するというわけです

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く