「1日10分」でひらめき脳に生まれ変わるトレーニング方法

6963viewsbooks_jp_botbooks_jp_bot

このエントリーをはてなブックマークに追加
「1日10分」でひらめき脳に生まれ変わる (East Press Business)

ひらめき脳

◆ひらめきとは
 ①問題を抽象化した理論であること
  ・ニュートンの「万有引力の法則」のような抽象化されているもの
  ・理論化されていて他のことにも応用可能である

 ②人類史上初の問題を発見すること
  ・解決策はいずれ生まれるため、発見できる力が重要

◆ひらめき脳のメリット
 ・抽象的な思考ができると、選べる選択肢が増える
 ・自由に選ぶことができ、やりたいことだけをできるので幸せな人生を送ることができる

◆ひらめき脳を持つ条件
 下記2つが必須である。またこれらはトレーニング次第で誰でも持つことができる。
 ①高い抽象思考
 ②膨大な知識量

トレーニング方法

◆常に反対側から考える
 ・抽象度を上げなくても、視点を変えるだけでも効果あり

◆他の人の視点で考える
 ・他の人の思考が考えれると、できる社員にもなれる

◆「ながらイメージ」法(~しながらで考える)
 ・無意識でできる(歯磨きなど)の行為をしているときが、抽象的な考えがしやすい状況

◆経済の本などに触れながら思考する
 ・経済は因果関係がはっきりしていて、考えやすい
 ・株価などを見て、その先を予測してみる(買う必要はない)
 ・興味がでてくれば自分で調べたくなるので、知識も増える

◆身近なもの(携帯電話など)のからくりを考える
 ・以外に身の回りのからくりを知らないことが多い
 ・身近なものは臨場感が得やすい

◆好きなことをなんでも徹底的に調べてみる
 ・好きなことは知識が増えても苦にならない
 ・原理や概念を知ると抽象度が上がる

◆朝シャワー、散歩をしながら抽象思考をする
 ・朝はいちばんひらめきやすい時間帯である
 ・リラックスしている時間もひらめきやすくなる

実践的なトレーニング方法

◆他人の話を上の空で聞きながら思考する

◆他人の話をうそだと思いながら聞く

◆作者の裏の意図を考えながら本を読む

◆小説よりも官庁の白書を読む
 ・現実にあることなので、裏が読みやすい

◆頭の中でものをつくってみる
 ・知識を増やすには、からくりを知るのが一番
 ・なるべくヴュジュアルをイメージする

◆「サバティカル期間」(あえて考えない期間)を設ける
 ・ずっと考え続けていてもひらめきは起こらない

感想

・ひらめき脳はトレーニング次第で誰でも持つことができる
・持つことで幸せな人生を送れる

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く