30回噛むと言うのはほとんど拷問

1461viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
何度も挫折したあなたに贈る 人生最後のダイエット

太りやすいのは早ぐい

たくさんよりもおいしく食べる。
量をたくさん食べる人とは得てして早食いです
ガーッととりつかれたように食べて、おかわりまでして
お腹がパンパンになるまで食べて満足する人です

30回噛むと言うのはほとんど拷問

ぐちゃぐちゃになってしまい
その食品が本来持っているおいしさが損なわれてしまう
それでは続けることができない
舌の上で転がしてゆっくり味わって食べることで満足感を高めて
やせる食べ方につなげるじっくり味わいながらどんな味付けをしているんだろうどんな材料使っているんだろうなと思いを巡らせながら料理を楽しめば満足感もより深くなるのです

最初の1歩1回止めてみる

お酒を飲まないなんて考えられないなら
一回だけやめてみる。運動の習慣も1回だけやってみる。
夜中のお菓子も1回だけやめてみる
少しだけ1回だけ今日一日だけと思えば一歩を踏み出せる

筋トレ無酸素運動では、運動中に直接エネルギーを消費するわけではない

筋肉中に蓄えられているグリコーゲンを消費して筋肉を動かします。
これが以前には筋トレでは痩せないと誤解されていた理由なのです。
しかし筋肉に蓄えられているグリコーゲンを消費することは、
筋肉に蓄えられていた物質が減るということです。
筋トレが終わった後に、あなたの体は筋肉の減ったグリコーゲンを補充しようとします。
この時に脂肪が使われるのです。
脂肪細胞に蓄えられている脂肪分を分解します。
そして作ったグリコーゲンを筋肉に運び補充します。
つまり運動が終わった後に脂肪が消費されるのです。
これが筋トレで脂肪が燃える原理です。
だから、結果的に筋トレでも脂肪は燃えるのです。
血糖値の上昇しやすいご飯やパンなどの炭水化物系の食事をとった後、
血糖値の高い状態で筋トレをすると血液から直接筋肉のグリコーゲンが吸収されるので脂肪がつきなくくなるという効果もあるのです。

マッサージでは脂肪が分解される事は無い

該当部位の脂肪が分解され血中に流れる直血中に流れ出たグリコーゲンの運動などによって消費しないと結局脂肪に還元されてしまい元の場所に戻ってしまう

してはいけないは余計にしたくなる

悪い習慣やめようと考える前にまず良い習慣をやろうと考えるのです
夜中にお菓子を食べると言う習慣を早寝早起きをすると言う習慣に置き換える
お菓子が食べたくなる前に寝てしまう
それができないなら食べるものお菓子からドライフルーツに
帰る飲み会後のラーメンも蕎麦に置き換える
ラーメンでも海藻や野菜の多いものにする、スープを飲まない

夜に食べた方が栄養価の高い食品

納豆
牛乳やヨーグルトなどの乳製品
トマト

テーマを持ってダイエットをする

ウォーキングでは目的を持たずに歩いていても辛くなります
そこで何か目的を持って歩くことにする
今日はモーターの安いものを探そう
朝はUSBメモリの安いものを探そうなど目的を持ってウォーキングをすると
30分歩かなきゃいけないでもなく30分しかないと言うように意識がかわってきます

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く