おうちごはんで心と身体を癒しましょ

1697viewsあのちゃんあのちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょこっとレシピ 和食編 [kindle版]

ほかっとした幸せを運んでくれる

おうちごはんってそういうものだと思います。

忙しいときの外食はもちろん嬉しいもの。でも、疲れがたまって身体が辛い時は、お茶漬けでも、極めてシンプルなお味噌汁でも、自分の味付けのごはんを食べるほうがいい。
そんなことないでしょうか?

和のごはんって手のかかる料理に思いますが、やはりほっとするものです。
”ふだん着の和ごはん”には、作ってみたくなるちょこっとした工夫や楽しみ方をちりばめてみました。
お客さまのときに作ってもらいたい”よそゆき和ごはん”には、おもてなしに役立つ献立のヒントもちょこっとありますよ。

料理の中に度々登場する、”魔法の水”にも注目です。
作り方はとっても簡単、手間いらずなうえに、おうちごはんがさらに美味しくなるんです!

著者紹介

平山由香(ひらやまゆか)

料理家・オリーブオイルソムリエ・テーブルコーディネーター
テーブルコーディネートの草分け的存在クニエダヤスエ氏に師事。1990年独立後、フリーの料理家、テーブルコーディネーターとして活動開始。テーブルコーディネートを含めた料理教室「(キュイエール)」を主宰。マクロビオティック正食協会師範の資格をもつ。
NHK教育テレビ「きょうの料理」をはじめ、テレビ、雑誌、新聞等で季節感を大切にした身体と心にやさいいレシピ、おもてなしを気軽に楽しむテーブルコーディネートを紹介。
身近な食材に新しい発想を加え、ちょっとした愉しい驚きのある料理、食材を使い切る料理の提案をモットーとする。

もくじ

はじめに

▼からだと心に嬉しい朝ごはん
みょうがの甘酢漬け
寒干し大根とにんじんの炊き込みごはん
鰆の西京焼き

▼ふだん着の和ごはん
あさりの酒蒸し
筍とえんどうのあんかけ玉子どんぶり
「ゴーヤのラー油和え」と「ゴーヤのおかき揚げ」
焼きなすの鶏そぼろあん

▼よそゆき和ごはん
「淡路島の新玉ねぎでつくる蒸し焼き」と「山形の秘伝豆の浸し豆」
土鍋で炊く、ごぼう入り鯛ご飯
かんたん海鮮ちらし寿司

感想

一品一品をとても丁寧に作っていて、美しい盛りつけにうっとりしてしまいます。
ほんの少しの手間をかけてあげるだけで、おうちごはんは変わります。
いい加減に作ったものはいい加減にしか食べられないですものね!
作り方だけでなく、料理をサポートしてくれるちょこっとメモがあるので、楽しみながら料理が出来ると思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く