砂糖技師と黒の妖精

1438viewssl.ouka3112sl.ouka3112

このエントリーをはてなブックマークに追加
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精<シュガーアップル・フェアリーテイル> (角川ビーンズ文庫) [kindle版]

妖精を使役する国、ハイランド国。人間は妖精を使役し、奴隷として扱う日々を送る中、砂糖技師を目指す一人の少女がいた。彼女は妖精商人から妖精戦士を呼ばれるシャルという、とても美しい妖精を買うことに。そして彼と共に亡き母のため、銀砂糖師になるため、旅を始めるのであった――

感想

普段私たちが口にする砂糖をモチーフにした可愛らしい物語。銀砂糖という林檎砂糖からとれる砂糖を使い、甘いお菓子を作る、というなんとも可愛らしい!絵柄も可愛らしく、どんどん読み進められます

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く