日々脳は成長!活かすも殺すも自分次第!

1674viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
脳の専門医が教える 40代から上り調子になる人の77の習慣

1.一日一杯の赤ワイン
2.ポケットに香りをしのばせる(嗅覚が低下すると認知証になりやすい
3.青魚を食べよう(目標は、週2回以上。サバ、サケ、サンマの缶詰でもオッケー!刺身がいちばん。)
5.1日8000歩をめざす(その場足踏み8000歩でも、それなりの効果が)
6.立体的な絵を描いてみる
8.いつもと逆回りで散歩
10.5W1Hを意識して話す(論理的思考)
11.カツオブシをどんどんトッピング
(カツオの刺身に100gDHAが約310mgなのに対して、カツオブシなら560mg)
12.ゴルフボールを裸足の足でゴロゴロする
13.野菜の名前をできるだけたくさん思い出してみる
14.プチ評論家になろう(心の中で)
15.視覚的な注意力は、新聞・雑誌で鍛える
16.覚えておきたいことは1ヶ月以内に復習
18.トランプで遊ぶ
19.自然の音に耳を傾けよう
21.1日1回「単純記憶力」を鍛える
22.耳から入る情報への注意力はラジオで高める
23.食生活をチェックしてみる(2日で40品目、6色の食材)
24.温かいお風呂のあと水を浴びる(肌に試練を与え自律神経のなまりを正す)
30.6時間以上の睡眠時間をキープ。
31.よく噛んで食べるメニューを選ぶ
32.待ち時間にも意味を見い出そう
33.太ももの筋肉は、夜、鍛える
35.脳内クローゼットで洋服を整理
38.「思い出せない」は、そのままにしない
40.色の濃い野菜とくだものを食べる
41.利き手でないほうの手を使おう
45.単純作業を無心にすると、脳は調子を取り戻す
46.グルメ友だちとごはんに行く
47.縁側時間に身をゆだねる(何も考えない)
48.デスクやパソコンの中はスッキリと整理
49.1ヶ月の5大ニュースを選ぶ
50.モーツァルトを聴く(IQが上がる)
51.通勤ルートをたまに変えてみる
52.一人連想ゲームをしてみる
53.1日2回、腹式呼吸の時間をつくる
55.四字熟語やことわざを覚える
56.カレー名人になる
59.美しい箸づかいにこだわる
60.週に一度は本屋に
61.月に一度は名画鑑賞デーを設ける
63.ビタミンB12はがっちりとる
65.オーケストラの楽器の音を数えてみる
66.片足立ちで体のバランス機能を高める
67.郷土の偉人に学ぶ
68.コーヒーショップで瞑想タイム
74.感動力を高める(感動する回数を増やす)
76.寝る前の3分間、幸福感で脳を満たす(自分に、ないことではなくあることを考える)
12か条
健康的かつ脳にもよい食事
睡眠時間は十分に
体を動かし、筋力・バランス感覚を高める
て先を細かく使う作業
五感をおしみなく働かせ、感覚を磨く
感動する機会を増やし、感受性を高める
記憶力を高める工夫・訓練法
新しいことをどんどん体験
想像の世界でもどんどん遊ぶ
自分の心と向き合う時間もとる
脳を癒す時間も忘れずに
脳は年齢とともに上り調子になると確信する

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く